本ページは公開が終了したページの複製であり、掲載時点での情報です。本ページに記載されている内容について各所に問い合わせることはご遠慮下さい。



 USACの西暦2000年対応状況

CSP/FX・ASP | OS/ACE | SX/G | OS/AID |


 CSP/FX・ASP
OSエディション
提供時期
CSP/FX ASP 対応必須事項
E60 E61 E92 E93 E94〜E97 E98 V10,V11 V12
90/11- 91/11- 92/11-
NetGLOBE9000II
シリーズ

 
NetGLOBE9000
シリーズ

 
8800SV
(A〜Dタイプ)
シリーズ

 
8800IIRシリーズ

 
8800II
(A〜Bタイプ)
シリーズ

*1 *3 *3

 
新8800シリーズ

× *1 *2

エディションアップが必要です。
8800シリーズ × × *1 *2

エディションアップが必要です。


 対応機種詳細は◆こちら◆を参照ください。

 ○:インフラとして対応済です。 ※アプリケーションは見直す必要があります。
  *1:COBOLGアプリケーションへは西暦下2桁のみ受け渡しが可能
    修正プログラム(U97101)の適用が必要です。(ジョブ日付で2000年を平成0年と認識するため)
  *2:8800/新8800でE95〜97にする場合、最低4MB以上のメモリ実装が必要です。
  *3:付加プロセッサが必要です。

 ×:当エディションでは2000年対応できません。以下のような不具合が生じます。
  ・システム初期化画面から先に進まない場合があります。
  ・自動電源制御、カレンダスケジュールの動作が不能になります。
  ・ハードウェア保守情報で2000年以降のデータが正常に表示されません。

 −:この組み合わせは存在しません。


エディションアップ対応は必ずメモリ/ディスク資源の再見積実施およびエディションアップに必要な増設機器の増設可否をご確認のうえご検討いただきますようお願いいたします。
(詳細は当社担当営業またはご購入された内田洋行代理店までご確認下さい)


 OS/ACE

OSのエディション
提供時期

OS/ACE 対応必須事項
E61-63A E64-67 E68-69 E70-71 E72〜E73
84/10- 86/10- 88/10- 90/11- 92/11〜
8800II/8800SV
シリーズ

 
8800/新8800
シリーズ

マネージャシリーズ

× エディションアップが必要です。
VH/VHIIシリーズ

× × NetGLOBE9000IIシリーズへ移行をお勧めします。
260DB/135DB/68DB
135MX/68MX/43MX
× NetGLOBE9000IIシリーズへ移行が必要です。
システム21/9
システム11/7、820,720
NetGLOBE9000IIシリーズへ移行が必要です。


 対応機種詳細は◆こちら◆を参照ください。

 ○:インフラとして対応済です。 ※アプリケーションは見直す必要があります。
   ・プロシジャ、COBOLGアプリケーションへは西暦下2桁のみ受け渡しが可能

 △:ハードウェア資源・性能を考えると、NetGLOBE9000IIシリーズへ移行をお勧めします。

 ×:当エディションでは2000年対応できません。以下のような不具合が生じます。
   ・西暦下2桁00〜74を19xxと判断するため、和暦の使用が不可能となります。
   ・ファイルの満了日付の管理が逆転するため、ファイル削除/更新時に不要な警告メッセージが出続ける場合があります。
   ・自動電源制御、カレンダスケジュールの動作が不能になります。

 −:この組み合わせは存在しません。


エディションアップ対応は必ずメモリ/ディスク資源の再見積実施およびエディションアップに必要な増設機器の増設可否をご確認のうえご検討いただきますようお願いいたします。
(詳細は当社担当営業またはご購入された内田洋行代理店までご確認下さい)



 SX/G スタンドアロン運用、端末運用とも同条件です
OSのエディション
提供時期
E12,12A E13 E14,14A E15,15A E16,16A E17 E18-19 E20
88/10- 89/12- 90/10- 91/11- 92/10- 93/10- 94/11- 96/11-
GX500II/GX300II
シリーズ

GX500/GX300
シリーズ

GXII/GX-LTII
シリーズ
(GX70IIはE16A-)

×
新GX-LTシリーズ

× × *1 *1

GX-Aシリーズ

× × × *1 *1

GX-LTシリーズ

× × × × *1 *1

GXシリーズ × × × × × *1 *1



 対応機種詳細は◆こちら◆を参照ください。
 なお、GX300E・GX70IIE等のダム端末の場合、ホストが西暦2000年に対応している必要があります。

 ○:インフラとして対応済です。 ※アプリケーションは見直す必要があります。
  *1:メモリが6MB以上必要です

 ×: 当該エディションでは、2000年対応できません。以下のような不具合が生じます。
   ・OS,PP/ユーティリティにおいて、西暦2000年以降に日付エラーが発生したり、誤動作します。
    また、ログ情報の採取ができなくなります。

 −:この組み合わせは存在しません。


エディションアップ対応は必ずメモリ/ディスク資源の再見積実施およびエディションアップに必要な増設機器の増設可否をご確認のうえご検討いただきますようお願いいたします。
(詳細は当社担当営業またはご購入された内田洋行代理店までご確認下さい)


 OS/AID
OSのエディション
提供時期
E21,22,23 E24,25 E26,27 E28 E28A E29 89/12〜
E30(POSのみ)90/2〜
84/10- 86/10- 87/10- 88/10 89/6-    
スタンドアロン運用 端末運用(*1)
カマラードIII(3.5"FPD)

× (*2)
カマラードIII

× × (*2)
カマラードII

× × × (*2)
カマラード

× × × × (*2,3) (*3)
230、カマラード

×
× × × × (*2,3) (*3)
旧カマラード(一体型)

POS(U3050)

×

×

×

×

(*2)



 対応機種詳細は◆こちら◆を参照ください。
 なお、カマラードIIE・IIIE等のダム端末の場合、ホストが西暦2000年に対応している必要があります。

 ※旧カマラード(一体型)についてはGXシリーズへの移行をお願いいたします。

 △:修正プログラム(U98011)の適用により、一部の機能が対応可能となります。(制限あり、*2参照)
  ※アプリケーションは見直す必要があります。

 ×:当該エディションでは、2000年対応できません。以下のような不具合が生じます。
  ・画面帳票定義体の固定リテラルの日付読み込みで、2000年以降19XX年と表示されます。

 *1:ダム端末として加工・編集等の処理を行なわず、エミュレータ運用している場合を指します。
 *2:スタンドアロン運用は制限事項が多いためGXシリーズへの移行をお勧めします。詳細は付記を参照してください。
 *3:主記憶が1MB必要です。

    付記:OS/AID E29での不具合詳細(※修正プログラムを適用しても発生します)
    EDIT2
        登録文字の印刷で日付印字が9年と印字される。
    U-WRITE/U-WRITE2
        文字情報画面で88と表示される。
        管理ファイルの作成で日付が88年になる。
        日付入力、日付の差込印刷で1988年、平成0年と表示される。
        一覧表の印刷で88年と印刷される。
        オブジェクトの日付が88年となる。
    U-CALC/U-CABNT/U-GRAPH/U-IMAGE/U-DRAW/FILE/FILE2/FORM
        オブジェクトの日付が88年となる。
    OAツール
        オブジェクトの一覧表示や印刷で日付の表示がおかしくなる。又、日付での整列が動作しない。


エディションアップ対応は必ずメモリ/ディスク資源の再見積実施およびエディションアップに必要な増設機器の増設可否をご確認のうえご検討いただきますようお願いいたします。
(詳細は当社担当営業またはご購入された内田洋行代理店までご確認下さい)

 ■上記の内容は、機能変更、修正などにより予告なしに変更される場合があります。



 このページの頭へ2000年問題トップへ戻る

 
(C)1999 株式会社内田洋行 UCHIDA YOKO CO.,LTD. inserted by FC2 system