本ページは公開が終了したページの複製であり、掲載時点での情報です。本ページに記載されている内容について各所に問い合わせることはご遠慮下さい。


Panasonicパーソナルワープロの西暦2000年対応について


  更新情報: [1999/12/9]    

  • FWで始まる機種FW-500,8,8S,10,10S,15,16,20,30,200について新しい情報を追加しました。
  • U1P633L,U1V703F2X,U1S50,U1S53,U1S55AI,U1S57,U1B22DS,U1B51,U1B51A, U1B31DS,U1B31DSA,U1B21LSについて新しい情報を追加しました。
  • 機種名の誤りを訂正しました。
      U1C30X()C30X, U1C33X()C33X

機種名

西暦2000年問題情報

対  応

お問い合せ窓口

FWで始まる全機種

基本機能は問題ありませんのでそのままご使用いただけます。

日本語ワープロでの日付入力、文書イメージ検索での作成日時の表示は、西暦の場合4桁になります。
フロッピーガイドの文書一覧画面では、西暦の場合2桁で表示しますが、影響を受ける機能はありません。

 

お客様ご相談センター

TEL:0120-878-365

9:00〜20:00

(年中無休)

500,8,8S,10,10S,15, 16,20,30,200

U1P201
U1P301
U1P501
U1P501AI
U1P701
U1P303AI
U1J62
U1C30
C30X
U1C33
C33X

そのままご使用いただけます。

カレンダー、スケジュール、カルク名人、データベース機能はありません。

 

U1PRO
U1EX
U1SPRO
U1PROMK2
U1P503AI
U1V703F2
U1P603AIX
U1S77AI
U1J70
U1P503AIX
U1P605AI
U1J81
U1J81S
U1P505AI
U1S88AI
U1J82
J720
U1P633L
U1C50
U1C50S
C550

そのままご使用いただけます。

カレンダーは2079年まで設定が可能です。

スケジュール、カルク名人、データベース機能はありません。

[U1P633Lのお願い]   ロータス123で日付処理関数(@DATE、および@DATEVALUE)を使用して2000年以降を設定する場合、2000年=100として入力する必要があります。
“0”または“00”と入力した場合は、1900年と判断してしまいます。

@YEAR関数を使用した場合、2000年以降の設定を行っている データの結果は、2000年を100として換算した値になります。

 

 

 

 

 

[U1P633Lのお願い]
ロータス123で

@DATE関数で2000年以降を設定する場合は、下記の例にならって設定をお願いします。

詳細は本体付属の『リファレンスマニュアル』「 3.4 日付関数」をご覧ください。

(例)
(1)2000年1月1日を設定する場合
@DATE(100,1,1)と入力すると設定できます。

(2)2025年10月6日を設定する場合 @DATE(125,10,6)と入力すると設定できます。

@YEAR関数を使用する場合は左記の結果になることをご理解いただきご使用願います。

U1V703F2X

基本機能は問題ございませんが、下記の機能を使用する場合は、注意が必要です。

カレンダーは 2000年以降のうるう年に対応していません。    2000229日以降に電源を入れると日付が1日進みます。     (カレンダーは2079年まで設定が可能です。)

スケジュール、カルク名人、データベース機能はありません。

 

 

 

日付の再設定により修復可能です。うるう年の 229日以降に日付を再設定すると、次のうるう年までは正常に動作します。  

日付の設定方法は本体付属の『入門ガイド』「時計とカレンダーの合わせかた」をご覧ください。   

U1S50
U1S53
U1S55AI
U1S57

基本機能は問題ございませんが、下記の機能を使用する場合は、注意が必要です。

 

19991231日以前に入力した、200011日以降のスケジュールのアラームが鳴りません。

 

カレンダー、カルク名人、データベース機能はありません。

 

 

 

 

200011日以降に、再度設定してください。(日付が正しくても再度設定しなおしてください。)

詳細は本体付属の取扱説明書をご覧ください。

U1S50/S53
『入門ガイド』「スケジュール・メモを使う前に」
U1S55AI/S57
『機能辞書』「日付と時刻を設定する」


スケジュールは2020年まで設定できます。

U1P607
U1P609
U1P611 ★
U1P95 ★
U1J85 ★
J750 ★
U1P93 ★
U1P95S ★
U1P97F ★
U1P97FS ★
U1J85S ★
U1J87 ★
J770 ★
U1J87S ★
U1P98 ★
U1P98S ★
U1P98F ★
U1P98FE ★
U1N10 ★
U1B22DS ★

基本機能は問題ございませんが、下記の機能を使用する場合は、注意が必要です。

カルク名人でDATE()関数を使用して2000年以降を設定する場合、 2000年=100として入力する必要があります。
“0”または“00”と入力した場合は、1900年と判断してしまいます。

なお、YEAR()関数を使用した場合、2000年以降の設定を行っている データの結果は、2000年を100として換算した値になります。

[U1B22DSのお願い]
パソコンモードでの2000年問題についてはマイクロソフト社のホームページから製品ガイド(日本語)のオペレーティングシステム製品のリンクをたどりWindows3.1の内容をご覧ください。

DATE()関数で2000年以降を設定する場合は、下記の例にならって設定をお願いします。

詳細は本体付属の取扱説明書のカルク名人「日付関数」の項をご覧ください。

(例)
(1)2000年1月1日を設定する場合
=DATE(100,1,1)と入力すると設定できます。

(2)2025年10月6日を設定する場合 =DATE(125,10,6)と入力すると設定できます。

YEAR()関数を使用する場合は左記の結果になることをご理解いただきご使用願います。

U1B51 ★
U1B51A ★
U1B31DS ★
U1B31DSA ★
U1B21LS ★

下記機能以外、基本機能は問題ございません。

2000年以降に電源を入れると日付が198014日になります。

 

 

 

 

 

 

 

カルク名人でDATE()関数を使用して2000年以降を設定する場合、 2000年=100として入力する必要があります。
“0”または“00”と入力した場合は、1900年と判断してしまいます。

なお、YEAR()関数を使用した場合、2000年以降の設定を行っているデータの結果は、2000年を100として換算した値になります。

[U1B31DS/DSAのお願い]
パソコンモードでの2000年問題についてはマイクロソフト社のホームページから製品ガイド(日本語)のオペレーティングシステム製品のリンクをたどりWindows3.1の内容をご覧ください。

2000年以降最初に電源を入れたとき「時計&カレンダー」機能で日付を再設定していただくと、以降は正常に動作します。 →日付設定方法はこちらをご覧ください。   

[補足]      日付の再設定は2000年以前(1999年中)に行っても効果ありません。また、再設定は2000年以降に一度行えば、以後は必要ありません。

DATE()関数で2000年以降を設定する場合は、下記の例にならって設定をお願いします。

詳細は本体付属の『カルク名人? B』「日付に関する計算をする(日付関数)」をご覧ください。

(例)
(1)2000年1月1日を設定する場合
=DATE(100,1,1)と入力すると設定できます。

(2)2025年10月6日を設定する場合 =DATE(125,10,6)と入力すると設定できます。

YEAR()関数を使用する場合は左記の結果になることをご理解いただきご使用願います。

U1C100 ★
U1CD300 ★
U1CD330 ★
U1CD350 ★
U1C100S ★
U1CD300S ★
U1CD350S ★

基本機能は問題ございませんが、下記の機能を使用する場合は、注意が必要です。

カルク名人でDATE()関数を使用して2000年以降を設定する場合、 2000年=100として入力する必要があります。
“0”または“00”と入力した場合は、1900年と判断してしまいます。 なお、YEAR()関数を使用した場合、2000年以降の設定を行っているデータの結果は、2000年を100として換算した値になります

U1データベースでYEAR()関数を使用した場合、2000年以降の設定を行っている データの結果は、2000年を100として換算した値になります。

DATE()関数で2000年以降を設定する場合は、下記の例にならって設定をお願いします。

詳細は本体付属の取扱説明書 *のカルク名人「日付関数」の項をご覧ください。
*U1CD330/350/350Sでは、「まるごとCD」の『機能ガイド』に収録されています。

(例)
(1)2000年1月1日を設定する場合
=DATE(100,1,1)と入力すると設定できます。

(2)2025年10月6日を設定する場合 =DATE(125,10,6)と入力すると設定できます。

YEAR()関数を使用する場合は左記の結果になることをご理解いただきご使用願います。

U1C200
U1CD360
U1CSD500
U1CSD600

基本機能は問題ございませんが、下記の機能を使用する場合は、注意が必要です。

U1データベース、カルク名人でYEAR()関数を用いると、2000年以降の設定をしているデータの結果は、2000年を100として換算した値になります。

※U1C200にはU1データベース機能はありません。

YEAR()関数を使用する場合は左記の結果になることをご理解いただきご使用願います。

U1C70 ★
U1C71 ★
U1C80 ★
U1C70S ★

基本機能は問題ございませんが、下記の機能を使用する場合は、注意が必要です。

カルク名人でDATE()関数を使用して2000年以降を設定する場合、2000年=100として入力する必要があります。
“0”または“00”と入力した場合は、1900年と判断してしまいます。
なお、YEAR()関数を使用した場合、2000年以降の設定を行っているデータの結果は、2000年を100として換算した値になります。

カルク名人でNOW()、TODAY()関数が使用できません。

U1データベースでYEAR()関数を使用すると、2000年以降の設定をしているデータの結果は、2000年を100として換算した値になります。

DATE()関数で2000年以降を設定する場合は、下記の例にならって設定をお願いします。

詳細は本体内蔵の『機能ガイド』でカルク名人の「日付関数」の項をご覧ください。

(例)
(1)2000年1月1日を設定する場合
=DATE(100,1,1)と入力すると設定できます

(2)2025年10月6日を設定する 場合 =DATE(125,10,6)と入力すると設定できます

NOW()、TODAY()関数は使用できませんのでご注意願います。

YEAR()関数を使用する場合 左記の結果になることをご理解いただきご使用願います。

U1C83

基本機能は問題ございませんが、下記の機能を使用する場合は、注意が必要です。

カルク名人でNOW()、TODAY()関数が使用できません。

U1データベース、カルク名人でYEAR()関数を使用すると、2000年以降の設定をしているデータの結果は、 2000年を100として換算した値になります。

NOW()、TODAY()関数は使用できませんのでご注意ください。

YEAR()関数を使用する場合左記の結果になることをご理解いただきご使用願います。

上記品番で★印の付いている商品

カルク名人に付属しているサンプルデータ「パートアルバイト」の年入力欄は99年までの対応ですが、 DATE()関数の使用個所を右記のように修正すれば、2000年以後も使用できます。

DATE()関数の使用箇所を下記のように修正願います。

DATE(A2,…)となっていますので、DATE(IF(A2 >=
1900,A2-1900,A2),…)に変更願います。

戻る
inserted by FC2 system