本ページは公開が終了したページの複製であり、掲載時点での情報です。本ページに記載されている内容について各所に問い合わせることはご遠慮下さい。


■オペレーティング・システム
MS-DOSWindows(R)等)

BASIC

BASICは言語仕様で、年を2桁で表現していますので、BASICそのものでは、
2000年の4桁管理ができません。
この場合、アプリケーションソフト上で2000年の4桁で管理するように
設定する必要があります。
アプリケーションソフトメーカーにお問い合わせ願います。

MS-DOS

MS-DOSは、パソコンが起動してDOSが立ち上がる時にパソコン本体から日付情報を
取得します。その後は、
MS-DOS自身が日付や時刻を管理します。
そのため
MS-DOSが動作中に西暦2000年を迎えた場合は、MS-DOS自身は正しく2000
に移行します。
ただし、
パソコン本体が 西暦2000 年未対応の機種の場合には、パソコンの電源を切ると、
次に
MS-DOSを起動した時に正しい日付になりません。

西暦2000年になり初めてパソコンの電源を入れた際に、日付の再設定を行ってください。
日付の再設定は1回のみ、
DATEコマンドで正しい日付を入力し直すだけです。
(年は
4桁で指定します)

MS-Windows(R)3.1

上記<MS-DOS>と同じです。
よって、
パソコン本体が西暦2000年問題に未対応の場合は、日付の再設定が
必要となります。
この場合、コントロールパネルの「日付と時刻」で正しい日付を設定します。

Windows(R)95

上記<MS-DOS>と同じです。
よって、パソコン本体が西暦
2000年問題に未対応の場合は、日付の再設定が
必要となります。
この場合、コントロールパネルの「日付と時刻」で正しい日付を設定します。

WindowsNT(R)

WindowsNT(R)3.51

WindowsNT(R)3.51で西暦1999年の大晦日から連続運転で西暦2000年を
迎えた場合、しばらくすると西暦
1900年に戻ってしまいます。
この場合、西暦
2000年の使用時に正しい日付を設定し直す必要があります。

WindowsNT(R)Workstation Version4.0

WindowsNT(R)4.0では、日付が西暦1900年〜1920年の場合に100年を
加える処理が自動的に行われます。
よって、パソコン本体が西暦
2000年未対応であっても正しく西暦2000年に
移行します。

<ネットワークOS

サーバとネットワーク接続されているクライアントのパソコンは、
通常サーバーの時刻に自動的に合わせる設定をしています。
そこで、サーバ用のネットワーク
OSが西暦2000年に対してどのような対応を
取っているかがポイントとなります。

ネットワークOSの詳細につきましては、各OSのベンダーにお問い合わせください。

 

MSMicrosoftWindowsMS-DOSWindowsNTは米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国
 における登録商標または商標です。

WindowsR95の正式名称は、MicrosoftRWindowsR95 Operating Systemです。


inserted by FC2 system