本ページは公開が終了したページの複製であり、掲載時点での情報です。本ページに記載されている内容について各所に問い合わせることはご遠慮下さい。

[SDK16] スクリーンセーバを抑制する方法

PWJ3312 - 95/12

この資料は以下の製品について記述したものです。

概要

この資料は、スクリーンセーバを抑制する方法を紹介したものです。

詳細

  1. プログラムからスクリーンセーバを起動する方法

    PostMessageを使用し全てのトップレベルウインドウに

     WS_SYSCOMMAND  wParam = SC_SCREENSAVE 

    を送ってください。

      PostMessage(HWND_BROADCAST, WS_SYSCOMMAND, SC_SCREENSAVE.0L);

  2. あるアプリケーションが起動中にスクリーンセーバを起動させない方法

    スクリーンセーバの起動を止めるには

     WM_SYSCOMMAND の wParam == SC_SCREENSAVE

    の時 return 1 を返してください。

        case WM_SYSCOMMAND:
    if ( wParam == SC_SCREENSAVE )
    {
    return 1;
    }
    return (DefWindowProc(hWnd, message, wParam, lParam));

  3. 起動しているスクリーンセーバを止める方法

    起動しているスクリーンセーバを止めるにはダミーで SetCursorPos を発行してください

        SetCursorPos( 1, 1 );
        

その他

(C)1995 Microsoft Corporation. All rights reserved.

マイクロソフト株式会社 テクニカル サポート


UP
UP
Home
HOMEPAGE
inserted by FC2 system