本ページは公開が終了したページの複製であり、掲載時点での情報です。本ページに記載されている内容について各所に問い合わせることはご遠慮下さい。

[SDK] ダイアログボックスのコントロールのフォントの変更方法

PWJ1596 - 94/12

この資料は以下の製品について記述したものです。

概要

この資料は、Windows SDK 3.1の API 関数を用いて、ダイアログボックス内のコントロールのフォントを換える一つの方法を紹介したものです。

詳細

ダイアログボックス中のコントロールのフォントは、同一のフォントになる様になってしまいますが、以下の方法でフォントを変更することができます。ダイアログボックスのコールバック関数で WM_INITDIALOG メッセージの処理で以下の処理をします。

手順

1:CreateFont でフォントを作成しフォントハンドル(HFONT) を確保する。

または、GetStockObject でストック フォントのハンドル(HFONT)を得る

/****** サンプルコード CreateFont の場合 **********/

HFONT hFont

hFont = CreateFont( 20,0,0,0,1,1,0,ANSI_CHARSET,]

OUT_CHARACTER_PRECIS,

CLIP_DEFAULT_PRECIS,DEFAULT_QUALITY,

FF_DONTCARE | DEFAULT_PITCH,

"Arial");

SendDlgItemMessage (hWndDlg, idDlgItem, WM_SETFONT, hFont, TRUE);

/****** サンプルコード GetStockObject の場合 **********/

hFont = GetStockObject (SYSTEM_FIXED_FONT); // 固定ピッチのフォント

SendDlgItemMessage (hWndDlg, idDlgItem, WM_SETFONT, hFont, TRUE);

2:WM_INITDIALOG メッセージの処理の時に SendDlgItemMessage でフォントをコントロールへセット

 する。

*** 注意 ***

CreateFont で作成したフォントが不要になったら必ず DeleteObject でフォントを

削除しなければなりません。

その他

(C)1994 Microsoft Corporation. All rights reserved.

マイクロソフト株式会社 テクニカル サポート


UP
UP
Home
HOMEPAGE
inserted by FC2 system