本ページは公開が終了したページの複製であり、掲載時点での情報です。本ページに記載されている内容について各所に問い合わせることはご遠慮下さい。

[SDK16] ダイアログボックスをメインウィンドウにするプログラム例

PWJ1065 - 95/10

この資料は以下の製品について記述したものです。

概要

この資料は、ダイアログボックスをメインウィンドウにするサンプルプログラムです。

サンプルをご覧になる前に

このサンプルプログラムは、関数の使用方法の一例として提示するもので、十分にテスト された信頼されるものではありません。個人の学習のための使用、修正、分割については 、自由に行っていただけますが、このサンプルに関しての、サポート、説明等は一切お受 けしかねますのであらかじめご了承ください。また、このプログラムを実行し発生した、 いかなる障害も、弊社では責任を負いません。

詳細

サンプルプログラムの説明

このプログラムは、ダイアログボックスをメインウィンドウにして起動するサンプルプロ グラムです。

サンプルプログラム

makefile
--------
all : sample.exe

sample.exe : sample.obj sample.def sample.res
link sample, /align:16, NUL, /NOD mlibcew libw, sample
rc sample.res

sample.obj : sample.c
cl /AM /c /Gsw /Od sample.c

sample.res : sample.rc
rc -r sample.rc

SAMPLE.C
--------
#include <windows.h>

BOOL FAR PASCAL MainDlgFn( HWND, WORD, WORD, LONG );

int PASCAL WinMain(
HANDLE hInst, /* 現在のインスタンス */
HANDLE hPrevInst, /* 以前のインスタンス */
LPSTR lpszCmdLine, /* コマンドライン */
WORD wCmdShow ) /* 表示のタイプ */
{
FARPROC lpProc;

/* メインダイアログボックスを表示 */
lpProc = MakeProcInstance( (FARPROC)MainDlgFn, hInst );
DialogBox( hInst, "IconEx", NULL, lpProc );
FreeProcInstance( lpProc );

return( FALSE );
}

BOOL FAR PASCAL MainDlgFn(
HWND hDlg,
WORD wMsg,
WORD wParam,
LONG lParam )
{
BOOL bResult;

bResult = TRUE;

/* メッセージループ */
switch( wMsg )
{
case WM_COMMAND :
switch( wParam )
{
case IDOK : /* OK ボタン処理 */
EndDialog( hDlg, TRUE );
break;
default :
break;
}
break;

default :
bResult = FALSE;
break;
}
return( bResult );
}

SAMPLE.DEF
----------
NAME SAMPLE
EXETYPE WINDOWS
STUB 'WINSTUB.EXE'
DESCRIPTION 'SAMPLE DialogBox'

CODE MOVEABLE PRELOAD
DATA MOVEABLE MULTIPLE PRELOAD

HEAPSIZE 4096
STACKSIZE 4096

EXPORTS
MainDlgFn


SAMPLE.RC
---------
#include <windows.h>

ICONEX DIALOG DISCARDABLE 20, 20, 160, 41
STYLE WS_POPUP | WS_CAPTION | WS_SYSMENU
CAPTION "dialog main sample"
FONT 8, "System"
BEGIN
PUSHBUTTON "OK",IDOK,25,10,111,14
END

その他

マイクロソフト株式会社 テクニカル サポート


UP
UP
Home
HOMEPAGE
inserted by FC2 system