本ページは公開が終了したページの複製であり、掲載時点での情報です。本ページに記載されている内容について各所に問い合わせることはご遠慮下さい。
サポート技術情報

Windows3.1英語版とMS-DOS 6.2/Vユーティリティについて

文書番号: 406005

最終更新日: 1997/11/01


この資料は以下の製品について記述したものです。


この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP406005

概要

Microsoft(R) Windows(TM) Operationg System Version 3.1 英語版 (以下 Windows3.1 英語版) に MS-DOS 6.2/V 添付の Windows 用ユーティリティーを組み込むと、Windows 3.1 英語版の File Manager のメニューなどに文字化けが発生します。

現象

MS-DOS 6.2/V に添付している Windows 用ユーティリティー(バックアップ、アンデリート、アンチウィルス)には、日本語の表示しかありません。従ってこれらのユーティリティーを Windows 3.1 英語版に組み込むと、File Manager のメニューや実際に実行させた時の画面表示など、2バイトの文字(全角文字)が使用されている部分が文字化けを起こしてしまいます。
File Manager からそれらの項目を削除して、その文字化けを起こしたメニューを表示させないようにするには次の手順を実行してください。
  1. テキストエディタ(例えば Windows 3.1 英語版の"NOTEPAD"や、MS-DOS 6.2/V の"EDIT" など)を起動して、WINDOWS のディレクトリにある WINFILE.INI ファイルを開きます。
  2. WINFILE.INI の中にある次に示すの2行の先頭にセミコロン(;)を付けて無効にします。
            UNDELETE.DLL=C:\DOS\MSTOOLS.DLL
            MS-DOS Tools Extentions=C:\DOS\MSTOOLS.DLL
    
  3. 変更を保存してエディタを終了させ、Windows を再起動します。
            < WINFILE.INI の変更例>
              [Settings]
              ;======== MS-DOS 6.2 Setup Modification - Begin ========
              ;UNDELETE.DLL=C:\DOS\MSTOOLS.DLL                ←セミコロンを付ける
              ;======== MS-DOS 6.2 Setup Modification - End ========
              ;======== MS-DOS 6.2 Setup Modification - Begin ========
              [AddOns]
              ;MS-DOS Tools Extentions=C;\DOS\MSTOOLS.DLL     ←セミコロンを付ける
              ;======== MS-DOS 6.2 Setup Modification - End ========
    

詳細

全角文字で表示されているもの(文字化けを起こしているもの)を英語表示にすることはできません。従って、Windows3.1 英語版上では、MS-DOS 6.2/V の Windows 用ユーティリティーをお使いいただくことはできません。ご了承ください。

Keywords: BACKUP DOS6V ENGLISH FILE MANAGER UNDELETE UTILITY VERSION VIRUS 文字化け KB406005
Technology: kbMSDOS620 kbMSDOSSearch

inserted by FC2 system