本ページは公開が終了したページの複製であり、掲載時点での情報です。本ページに記載されている内容について各所に問い合わせることはご遠慮下さい。
サポート技術情報

MS-DOS 6.2/V上でDOS 5.x/Vの外字を使用する方法について

文書番号: 406002

最終更新日: 1997/11/01


この資料は以下の製品について記述したものです。


この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP406002

概要

MS-DOS 6.2/V 上で、Upgrade する前の DOS 5.x/V (MS-DOS 5.0/V、IBM DOS J5.x/V)の外字を使用する方法について説明します。

DOS 5.x/V の外字フォントファイルを MS-DOS 6.2/V 上で使用する

MS-DOS 6.2/V に添付されている外字フォントファイルは GAIJI16.FNT (画面表示用)と GAIJI24.FNT (プリンタ用) で、DOS ディレクトリにあります。Upgrade する前のDOS 5.x/V (MS-DOS 5.0/V、IBM DOS J5.x/V) の外字フォントファイルは $SYS1Z16.FNT(画面表示用) と $SYS1Z24.FNT (プリンタ用) で、通常ルートディレクトリに存在します。
フォントファイルは CONFIG.SYS で JFONT.SYS が組み込まれる時にメモリに読み込まれます。既定の設定では JFONT.SYS のフォントファイルの場所を指定するスイッチが"/P=C:\DOS\" のように DOS のディレクトリを指定しているため、DOS のディレクトリにある GAIJI16.FNT と GAIJI24.FNT が読み込まれます。したがって DOS 5.x/V で作成した外字フォントファイルを読み込むためには、GAIJI16.FNT と GAIJI24.FNT の代わりに $SYS1Z16.FNT と $SYS1Z24.FNT を読み込む必要があります。
また、DOS 5.x/V で作成した外字フォントファイルを編集する場合、DOS 5.x/V の外字フォントファイルと MS-DOS 6.2/V の外字フォントファイルの構造が異なるため、MS-DOS 6.2/V に添付されている FONTEDIT.EXE では編集できません。よって DOS
5.x/V に添付されている "USRFNT.EXE" を使用する必要がありますが、この"USRFNT.EXE" コマンドは、ルートディレクトリにある外字フォントファイルを対象としています。
したがって、MS-DOS 6.2/V 上で DOS 5.x/V の外字フォントファイルを使用するには、以下に示す手順を実行して、MS-DOS 6.2/V に必要なフォントファイルをルートディレクトリに移動させてください。なお、以下の例では MS-DOS 6.2/V のディレクトリは
"DOS" とします。

<手順>

MS-DOS 6.2/V に必要なフォントファイルをルートディレクトリに移動させます。
  1. DOS ディレクトリにある MS-DOS 6.2/V 用のフォントファイルをルートディレクトリにコピーします。コピーするファイルは ANK16.FNT、ANK19.FNT、KANJI16.FNT、KANJI24.FNT の 4 つです。MS-DOS のコマンドラインから次の 2 行を入力します。
            COPY C:\DOS\ANK*.FNT C:
            COPY C:\DOS\KANJI*.FNT C:
    
    これで、DOS ディレクトリにある MS-DOS 6.2/V のフォントファイルがルートディレクトリにコピーされました。
  2. DOS ディレクトリにある GAIJI16.FNT と GAIJI24.FNT のファイル名を変更します。ここでは GAIJI16.FFF と GAIJI24.FFF というファイル名に変更します。MS-DOSのコマンドラインから次のように入力します。 REN C:\DOS\GAIJI*.FNT GAIJI*.FFFこれで、MS-DOS 6.2/V 添付の外字フォントファイル GAIJI16.FNT と GAIJI24.FNTは存在しなくなりました。
  3. CONFIG.SYS ファイル内の JFONT.SYS でのフォントファイルの指定を、DOS ディレクトリからルートディレクトリに変更します。つまり、次のような記述になります。
            DEVICE=C:\DOS\JFONT.SYS /P=C:\
    
  4. マシンを再起動します。
この作業により、MS-DOS 6.2/V 上で DOS 5.x/V で作成した外字を使用できるようになります。しかし、その外字を編集する場合は DOS 5.x/V の "USRFNT.EXE" を使用してください。USRFNT.EXE の使用方法については、DOS 5.x/V のマニュアルなどをご参照ください。

Keywords: DOS6V EUDCEDIT FILE FONT GAIJI KB406002
Technology: kbMSDOS620 kbMSDOSSearch

inserted by FC2 system