本ページは公開が終了したページの複製であり、掲載時点での情報です。本ページに記載されている内容について各所に問い合わせることはご遠慮下さい。
サポート技術情報

INTERLNKとWindows 3.1について

文書番号: 406001

最終更新日: 2003/11/12


この資料は以下の製品について記述したものです。


概要

MS-DOS 6.2/V に添付されている "INTERLNK.EXE" を CONFIG.SYS ファイルに DEVICE登録した状態で Windows 3.1 を使用する場合について説明します。

INTERLNK.EXE について

MS-DOS 6.2/V には新しく Interlnk という簡易通信プログラムが添付されました。これは 2 台のコンピュータをシリアルまたはパラレル ポートを介して接続し、一方のコンピュータから、もう一方のコンピュータへアクセスできるようにする機能で、2 台のコンピュータのディスクやプリンタを共有できるようになります。
Interlnk を使用する際は、クライアントとなるコンピュータの CONFIG.SYS ファイルに INTERLNK.EXE を DEVICE 登録する必要があります。INTERLNK.EXE を DEVICE 登録しただけで、サーバーとなるコンピュータに接続していない場合、もしくは接続はしていてもサーバー側で "INTERSVR" コマンドを実行していない場合は、Windows 3.1 の起動に通常より時間がかかります。これは、Winodws 3.1 が起動するときに CONFIG.SYS のINTERLNK.EXE を認識して、どのポートでサーバーとつながっているか捜しにいくためです。サーバーと接続しており、かつサーバーが "INTERSVR" を実行している場合はすぐに見つかるので時間はかかりませんが、つながっていない場合はどこが接続されているのかそれぞれのポートで何回も再試行を繰り返すので、余分な時間が必要となってしまいます。

INTERLNK.EXE と Windows 3.1 のファイルマネージャ

INTERLNK.EXE を DEVICE 登録しただけで、"INTERSVR" が実行されているコンピュータに接続していない場合は Windows 3.1 の起動に通常より時間がかかるということは前に述べた通りです。その状態で Windows 3.1 を起動した後ファイル マネージャを開くと、フロッピー ディスク ドライブが 3 基追加されたように表示されます。これは、サーバーが認識されなかった場合、自動的に Interlnk 用にドライブが確保されてしまうためです。
したがって、これらのドライブの内容を見ようとしても (ドライブのアイコンをマウスでクリックしても)、
      ドライブ選択のエラー
      ドライブ x の準備ができていません。
      フロッピー ディスクを挿入してやり直してください。
というダイアログ ボックスが表示され、内容は見えません。
しかし、フロッピー ディスク ドライブが追加されたように表示された状態で、サーバー側のコンピュータで "INTERSVR" コマンドを実行すると、ファイル マネージャからサーバー マシンにアクセスできるようになります。つまり、クライアントとなるコンピュータで Windows 3.1 が起動している場合は、DOS プロンプトから "INTERLNK" コマンドを実行していなくても、サーバー マシンが有効になった時点で簡易通信が行えるようになります。

Keywords: BOOT DOS6V ERROR FILE ICON INTER INTERLINK INTERLNK LINK MANAGER エラー KB406001
Technology: kbMSDOS620 kbMSDOSSearch

inserted by FC2 system