本ページは公開が終了したページの複製であり、掲載時点での情報です。本ページに記載されている内容について各所に問い合わせることはご遠慮下さい。
サポート技術情報

「FARメモリが足りません」 というエラーメッセージが出る場合について

文書番号: 406000

最終更新日: 1997/11/01


この資料は以下の製品について記述したものです。


この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP406000
** 406000 - 94/08

概要

マシン起動時、「 FAR メモリが足りません」 というエラーメッセージが出る場合があります。これはほとんどの場合、MSCDEX.EXE が表示するエラーです。

エラーが出る原因と回避方法

この現象は、MSCDEX.EXE を LOADHIGH (LH) コマンドを使用して上位メモリ (UMB) に組み込んだ時に起こります。LH コマンドで組み込まれたプログラムには、そのプロ
グラムがメモリの割り当てを要求した場合、上位メモリからメモリが割り当てられます。したがって、上位メモリに MSCDEX.EXE を組み込むだけのメモリは存在します
が、更にメモリの割り当てが要求されたときにメモリが不足してしまう、といった
場合にこのエラーメッセージが表示されます。
この問題を回避するには、MSCDEX.EXE をコンベンショナル メモリに組み込む必要があります。MSCDEX.EXE は通常AUTOEXEC.BAT ファイル内で組み込まれますが、その際、
      C:\DOS\MSCDEX.EXE [オプション]
      ~~~~~~~
というように、LH コマンドを使用せずに直接 MSCDEX.EXE を指定する形で組み込ん
でください。なお、上記は MS-DOS 6.2/V に付属の MSCDEX.EXE を組み込む例です
が、下線部の PATH は、お客様がご使用になっている MSCDEX.EXE にあわせて、適
宜変更してください。

MemMaker 実行後にエラーが出るようになった場合

MSCDEX.EXE 自体は上位メモリに組み込むことができるので、MemMaker を実行してメモリの最適化を行った後にこの現象が起こることがあります。その際は、
MEMMAKER.INF ファイルを編集して、MSCDEX.EXE をメモリの最適化に含めない
(=コンベンショナル メモリに組み込む) 設定で、再度 MemMaker を実行してく
ださい。MEMMAKER.INF を編集するには次の手順に従ってください。
  1. テキスト エディタで DOS のディレクトリにある MEMMAKER.INF ファイルを開いて編集できる状態にします。たとえば MS-DOS 6.2/V に添付されている EDIT コマンドを使用する場合は、コマンド プロンプトから次のように入力します。
            EDIT C:\DOS\MEMMAKER.INF
    
  2. MEMMAKER.INF を開くと、最初に英文の説明があり、下の方にはプログラム名のリストがあります。あるプログラムを MemMaker が行うメモリの最適化に含めないようにするには、MEMMAKER.INF にそのプログラム名を アスタリスク (*) を付けて記述します。したがって、MSCDEX.EXE をメモリの最適化に含めないようにするためには、次の行を MEMMAKER.INF に追加してください。追加する場所はMEMMAKER.INF ファイル内のどこでも結構です。
            *MSCDEX
           (注意: *とプログラム名の間にはスペースを入れないでください。)
    
  3. MEMMAKER.INF の変更を保存し、エディタを終了します。
この状態で再度 MemMaker を実行すると、MSCDEX.EXE をコンベンショナル メモリに組み込む設定で、メモリの最適化が行われます。したがって、MSCDEX.EXE は上位メ
モリに組み込まれることはないので、エラーも回避できます。それまで MSCDEX.EXE
が組み込まれていた上位メモリの領域には、他のプログラムが組み込まれます。(た
だし、代わりに組み込めるプログラムがあった場合のみ)
MSCDEX.EXE の設定などについては、MS-DOS HELP の情報をご参照ください。(MS-DOSコマンドラインから "HELP MSCDEX" と入力します。)
MEMMAKER.INF に関しても、MS-DOS HELP に解説がありますので、あわせてご参照ください。(MS-DOS コマンドラインから "HELP MEMMAKER" と入力して表示される説明の最後の部分に『 MEMMAKER.INF について』というセクションがあります。)
MemMaker の実行方法については、『 MS-DOS 6.2/V ユーザーズ ガイド』 P247 ~ 「 7.4利用可能なメモリを増やす」 をご参照ください。

Keywords: BOOT CD-ROM CONVENTIONAL DOS6V ERROR MEMMAKER MEMORY KB406000
Technology: kbMSDOS620 kbMSDOSSearch

inserted by FC2 system