本ページは公開が終了したページの複製であり、掲載時点での情報です。本ページに記載されている内容について各所に問い合わせることはご遠慮下さい。
サポート技術情報

Windows NT3.1マシンにMS-DOS 6.2/V をセットアップする方法

文書番号: 405998

最終更新日: 1997/11/01


この資料は以下の製品について記述したものです。


この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP405998

概要

Windows NT 3.1 がセットアップされているマシンに、MS-DOS 6.2/V をセットアップし Windows NT 3.1 と MS-DOS 6.2/V が共存できる環境を構築する方法を説明します。

MS-DOS 6.2/V Upgrade がセットアップできる条件

お使いのマシンに MS-DOS 6.2/V をセットアップするには、次の条件を満たしている必要があります。
       C ドライブが FAT 形式でフォーマットされている
この条件に合わない環境、つまり、C ドライブのパーティションが FAT 形式でなく
NTFS 形式でフォーマットされている場合は、MS-DOS 6.2/V をセットアップすることはできません。

MS-DOS 6.2/V のセットアップ方法

C ドライブは FAT 形式でフォーマットされているが DOS はセットアップされていない場合

  1. MS-DOS 6.2/V のセットアップ ディスク(ディスクの1枚目)をフロッピードライブに挿入し、マシンを起動します。
  2. 「キーボードのタイプを判定します.」と表示がされたら、キーボードの種類を画面の指示に従って指定します。
  3. MS-DOS 6.2/V のセットアップ プログラムが起動し、画面の背景が青に変わります。そして、「セットアップへようこそ」と表示のある画面で停止しますので、Enter キーを押して次に進みます。
  4. 画面が切り替わり「ハードディスクに DOS ファイルが見つかりました.」という表示され、セットアップを中止するか続行するかを確認してきますので、「セットアップを続けて現在の DOS を置き換える」を選択します。
  5. 画面の指示に従い、セットアップを進めてください。
  6. MS-DOS 6.2/V のセットアップが終了したら、フロッピー ドライブからディスクを取り出し、次のディスクをフロッピー ドライブに挿入し、マシンを再起動します。
                Windows NT 3.1  セットアップ ディスク 1
    
  7. Windows NT 3.1 のセットアップ プログラムが起動し、画面の背景が青に変わります。そして、「セットアップへようこそ」と表示のある画面で停止しますので、「R」キーを押し「破損した Windows NT システムを修復する」を選択します。
  8. しばらくすると「システム修復ディスク」の挿入を要求してきますので、画面の指示に従ってディスクをドライブへ挿入してください。
  9. オプション タスクを選択する画面が表示されたら、次のオプション タスクだけを選択し、それ以外のものは選択を解除してください。 「 C: ドライブのブート ファイルの検査」※ オプション タスクの選択を解除するには、矢印キーでオプション タスクを選択し、スペース キーを押すと選択を解除できます。
     10. 「続行 (選択したタスクの実行) 」を選択し、Enter キーを押します。
    
    1. マシンを再起動するように指示がでたら、フロッピー ドライブからディスクを抜きとり、マシンを再起動すれば終了です。

C ドライブは FAT 形式でフォーマットされており、すでに DOS がセットアップされている場合

  1. マシンを起動し、ブート ローダーが表示されたら、「 MS-DOS 」を選択します。
  2. DOS が起動し、コマンド プロンプトが表示されたら MS-DOS 6.2/V セットアップディスク(ディスクの1枚目)をフロッピー ドライブに挿入します。
  3. ディスクをフロッピー ドライブに挿入したら、コマンド プロンプトよりA:\SETUP と入力し Enter を押します。
  4. MS-DOS 6.2/V のセットアップ プログラムが起動したら、画面の指示に従いセットアップを続けます。
  5. セットアップが終了したら、マシンを再起動して終了です。
MS-DOS 6.2/V セットアップ プログラムについての詳細は、「セットアップ ガイド」をご覧ください。

Keywords: BOOT DOS6V DUAL NT SETUP KB405998
Technology: kbMSDOS620 kbMSDOSSearch

inserted by FC2 system