本ページは公開が終了したページの複製であり、掲載時点での情報です。本ページに記載されている内容について各所に問い合わせることはご遠慮下さい。
サポート技術情報

Interlnkでのドライブのタイプについて

文書番号: 405986

最終更新日: 1997/11/02


この資料は以下の製品について記述したものです。


この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP405986

概要

この資料は、Interlnk クライアントで、リダイレクトされたサーバー側のドライブがどのようなタイプのドライブとして認識されるかについて、説明したものです。

現象

Interlnk によってクライアント側に作成されるドライブは、着脱可能ドライブ(Removable Media) として認識されます。これは、Interlnk の接続をいつでも簡単に切断することができるからです。
したがって、Windows 3.1 のファイル マネージャでは、Interlnk ドライブは着脱可能ドライブのアイコン (フロッピーディスク ドライブと同じアイコン) で表示されます。また、MSD でも、Interlnk ドライブは 1 シリンダのフロッピーディスク ドライブ として表示されます。

Keywords: DISK DOS6V DRIVE FLOPPY INTER INTERLINK KBINFO LINK MEDIA REMOVABLE SERVER TYPE KB405986
Technology: kbMSDOS620 kbMSDOSSearch

inserted by FC2 system