本ページは公開が終了したページの複製であり、掲載時点での情報です。本ページに記載されている内容について各所に問い合わせることはご遠慮下さい。
サポート技術情報

[DOS] CONFIG.SYSファイルでの環境変数の設定について

文書番号: 405985

最終更新日: 1998/03/23


この資料は以下の製品について記述したものです。


この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP405985

概要

この資料は、MS-DOS 6.2/V では CONFIG.SYS ファイルでも SET コマンドを使って 環境変数 (たとえば PATH) を設定することが出来ることについて説明したものです。

現象

MS-DOS 6.2/V では、AUTOEXEC.BAT ファイルだけでなく、CONFIG.SYS ファイルでもSET コマンドを使って環境変数を設定することが出来ます。
AUTOEXEC.BAT で設定する環境変数は、設定できる文字数に制限があります。これはコマンド ラインで入力できる文字数が最大 127 文字 までであるためです。したがって、AUTOEXEC.BAT で PATH の設定をする場合、PATH の文字も含めて 127 文字 までとなります。しかし CONFIG.SYS では、このような文字数の制限はないため、何文字でも環境変数を設定することができます。
なお、CONFIG.SYS ファイルで PATH を設定する方法については、サポート情報をご参照ください。


文書番号 : 402239
タイトル :「MS-DOS 6.2/V で 128文字以上の PATH を設定する方法について」

詳細

CONFIG.SYS で設定した環境変数は、AUTOEXEC.BAT で設定した環境変数とは別の
環境領域に格納されます。メモリ上では CONFIG.SYS 用の環境領域、COMMAND.COM、
AUTOEXEC.BAT 用の環境領域、の順で並んでいます。

Keywords: DOS6V KBINFO SETTING TEMP TEMPORARY KB405985
Technology: kbMSDOS620 kbMSDOSSearch

inserted by FC2 system