本ページは公開が終了したページの複製であり、掲載時点での情報です。本ページに記載されている内容について各所に問い合わせることはご遠慮下さい。
サポート技術情報

MONOUMB.386について

文書番号: 405984

最終更新日: 1997/11/02


この資料は以下の製品について記述したものです。


この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP405984

概要

この資料は、MS-DOS 6.2/V をセットアップしたディレクトリ (通常 C:\DOS) に含まれる、MONOUMB.386 というファイルについて説明したものです。

現象

MONOUMB.386 は Windows 3.1 上で Windows 3.0 の DDK を使用して書かれた Windows3.0 用のディスプレイ ドライバをサポートするための、仮想デバイス ドライバです。Windows 3.0 DDK を使用して作成されたディスプレイ ドライバは、必ずメモリのB000-B7FF の領域を要求 (使用) します。MONOUMB.386 はこの領域を Windows 3.0 用のディスプレイ ドライバのために確保し、その動作を可能にします。
MS-DOS 6.2/V には MONOUMB.386 が含まれており、MemMaker で「モノクロ領域(B000-B7FF) をプログラム実行に使いますか?」のオプションで「はい」を指定すると、SYSTEM.INI の [386enh] のセクションに DEVICE=C:\DOS\MONOUMB.386 の記述が追加されます。
Windows 3.1 用のディスプレイ ドライバであれば、上記モノクロ領域の設定で「いいえ」を指定しても動作するはずですが、ドライバによっては「はい」と指定しなければ正常に動作しないものもあります。

詳細

MONOUMB.386 と同様に MONOUMB2.386 という仮想デバイス ドライバがあります。これ は、他社製のメモリマネージャとして 386MAX や BlueMAX を使用した際に必要となり ます。MONOUMN2.386 を使用する場合には MONOUMB.386 を使用する必要はありません。

Keywords: COMPATIBILITY DEVICE DISPLAY DOS6V DRIVER KBINFO MEMORY KB405984
Technology: kbMSDOS620 kbMSDOSSearch

inserted by FC2 system