本ページは公開が終了したページの複製であり、掲載時点での情報です。本ページに記載されている内容について各所に問い合わせることはご遠慮下さい。
サポート技術情報

[DOS]MemMaker実行時"MEMMAKER.STSが壊れている"エラーが表示される

文書番号: 405983

最終更新日: 1998/03/26


この資料は以下の製品について記述したものです。


この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP405983

概要

この資料は、MemMaker 実行時に「 MEMMAKER.STS が壊れています」というエラーメッセージが表示される場合の回避方法について説明したものです。

現象

Adaptec の ASPIEDOS.SYS が CONFIG.SYS ファイルに記述されている場合、MemMakerの実行時に「 MEMMAKER.STS ファイルが壊れています」というエラーメッセージが表示される場合があります。
この現象は、MemMaker が ASPIEDOS.SYS のサイズを検出する際に発生します。そのため、MEMMAKER.INF に次の記述を加えて MemMaker を再起動することにより、現象を回避することができます。
     ^ASPIEDOS
この記述により、ASPIEDOS.SYS は CONFIG.SYS ファイルの先頭に移動させられます。

詳細

MEMMAKER.INF は DOS のディレクトリにあるテキスト形式のファイルで、EDIT コマンドで編集することができます。MEMMAKER.INF の詳細については、以下のサポート情報や MS-DOS HELP の情報 (コマンド プロンプトから HELP MEMMAKER と入力する) をご参照下さい。


文書番号: 405948
タイトル: MemMaker が正常に終了しない場合のチェックポイント

Keywords: ADAPTEC DOS6V DRIVER ERROR KBINFO MEMMAKER MEMORY KB405983
Technology: kbMSDOS620 kbMSDOSSearch

inserted by FC2 system