本ページは公開が終了したページの複製であり、掲載時点での情報です。本ページに記載されている内容について各所に問い合わせることはご遠慮下さい。
サポート技術情報

1024FD.EXEと富士通FM-Rの5.25ichフロッピーディスクについて

文書番号: 405980

最終更新日: 1997/11/02


この資料は以下の製品について記述したものです。


この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP405980

概要

この資料は、富士通 FM-R や FM-TOWNS でフォーマットされた 5.25 インチ フロッピ ーディスクが、1024FD.EXE を組み込んだ AT 互換機のフロッピーディスク ドライブで読 めないという現象について説明したものです。

現象

富士通 FM-R や FM-TOWNS でフォーマットされた 5.25 インチのフロッピーディスクが1024FD.EXE を組み込んだ AT 互換機のフロッピーディスク ドライブで読めない、または、そのフロッピーディスクに対して SCANDISK を実行してもエラーが表示され、エラー修復後も、読み書きできないという現象が発生する場合があります。(フォーマットの方法にもよります。)
この現象は、1024FD.EXE の問題ではなく MS-DOS 6.2/V の仕様で、富士通 FM-R やFM-TOWNS でフォーマットされたフロッピーディスクのブートセクタの先頭の 3 バイトが、MS-DOS 6.2/V の標準の値ではないのが原因です。
MS-DOS 6.2/V はメディアにアクセスする際に必ず、ブートセクタの先頭より 3 バイトの内容を確認します。1024FD.EXE は標準の MS-DOS 6.2/V フォーマットがされたディスクにのみ対応していますので、それ以外のフォーマット形式のフロッピーディスクに対しての読み書きはできません。
富士通 FM-R や FM-TOWNS 以外の MS-DOS が搭載(使用)されているマシンでも、フロッピーディスクのフォーマット形式が標準形式であるとは限りませんので、この現象が発生する可能性があります。

詳細

1024FD.EXE を組み込まなくても、標準形式でフォーマットされたフロッピーディスク に DEBUG コマンドなどでこのエリア (ブートセクタの先頭の 3 バイト) に無効なデータ を書き込むと、そのディスクを読み込むことができなくなります。
詳しくは『プログラマーズ リファレンス』などをご参照ください。

Keywords: BOOT DISK DOS/V DOS6V FLOPPY FORMAT FUJITSU KBINFO READ SECTOR KB405980
Technology: kbMSDOS620 kbMSDOSSearch

inserted by FC2 system