本ページは公開が終了したページの複製であり、掲載時点での情報です。本ページに記載されている内容について各所に問い合わせることはご遠慮下さい。
サポート技術情報

POWER.EXEとDOSのMS IMEを組み込む際の注意について

文書番号: 405979

最終更新日: 1997/11/02


この資料は以下の製品について記述したものです。


この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP405979

概要

CONFIG.SYS ファイルで POWER.EXE と DOS の MS IME (MSIME.SYS と MSIMEK.SYS) を同時に組み込んだ場合、Windows の動作が不安定になることがあります。この資料は、その場合の対処方法についてご説明します。

現象

CONFIG.SYS ファイルで POWER.EXE と DOS の MS IME (MSIME.SYS と MSIMEK.SYS) を同時に組み込んだ場合、Windows の動作が不安定になることがあります。たとえば、Windows アプリケーションを起動してローマ字入力でキー入力を行うと、途中で止ってしまい、それ以降キー入力、および、マウス入力が一切効かなくなることがあります。その場合は、CONFIG.SYS で組込まれている POWER.EXE を、MSIME.SYS の記述より前に移動する事により、現象を回避できる場合があります。
この方法でも回避できない場合は、POWER.EXE、もしくは MS IME のいずれかを組み込まないようにして下さい。POWER.EXE を組み込まないようにするには、CONFIG.SYS 内のPOWER.EXE の記述がある行の先頭に REM と挿入してその行をコメントアウト (無効に)します。MS IME を組み込まないようにするには、同様に、CONFIG.SYS 内の MSIME.SYSと MSIMEK.SYS の記述がある行の先頭に REM と挿入してコメントアウトします。

Keywords: DOS6V FEP HANG IME INPUT KBINFO KEY KEYBOARD MOUSE ハング KB405979
Technology: kbMSDOS620 kbMSDOSSearch

inserted by FC2 system