本ページは公開が終了したページの複製であり、掲載時点での情報です。本ページに記載されている内容について各所に問い合わせることはご遠慮下さい。
サポート技術情報

フロッピードライブが1台のマシンでDISKCOPY実行時のドライブ表示

文書番号: 405976

最終更新日: 1997/11/02


この資料は以下の製品について記述したものです。


この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP405976

概要

この資料では、フロッピーディスクドライブが 1 台のマシンで、DISKCOPY A: B:を実行した際、受け側ディスク挿入時に「ドライブ A: に受け側ディスクを入れてください」と表示される ([B:] であるはずなのに [A:] と表示される) 件について、説明いたします。

現象

フロッピーディスク ドライブが 1 台しかないマシンでは、DISKCOPY コマンドを実行する場合、正しくは DISKCOPY A: A: と入力します。
しかし、以前のバージョンの DOS との互換性を保つために DISKCOPY A: B: と入力しても実行できるようになっています。この時、「ドライブ A: に受け側ディスクを入れてください」と表示されますが、これは画面表示上だけの問題であり、B ドライブは内部で A ドライブと同じに認識されているため、動作上の問題はありません。

Keywords: COPY DISK DISKCOPY DOS6V DRIVE FLOPPY FP FPD KBINFO LETTER MESSAGE KB405976
Technology: kbMSDOS620 kbMSDOSSearch

inserted by FC2 system