本ページは公開が終了したページの複製であり、掲載時点での情報です。本ページに記載されている内容について各所に問い合わせることはご遠慮下さい。
サポート技術情報

DoubleSpaceの圧縮解除が実行途中でエラーになる場合の対処方法

文書番号: 405975

最終更新日: 1997/11/02


この資料は以下の製品について記述したものです。


この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP405975

概要

この資料では、DoubleSpace の圧縮解除時に「 Microsoft Defragmenter は、この操作を完了するために必要な連続した空き領域を作成できませんでした。」というようなエラーメッセージが何度も表示される場合の対処方法について説明いたします。

現象

DoubleSpace で圧縮されたドライブの圧縮解除を実行しようとした際、
   「 Microsoft Defragmenter は、この操作を完了するために必要な
     連続した空き領域を作成できませんでした。」
というようなエラーメッセージが表示され、もう一度ディスクの最適化をするかどうかを選択するためのダイアログボックスが表示される場合があります。
ここで「はい」を選択しても、最適化を実行した後に再び同じエラーメッセージが表示され、先に進めない状況になってしまいます。
この問題は、圧縮ドライブ上に、ホスト ドライブの空き容量を越えるサイズのファイルが存在する場合に発生します。

対処方法

この現象を回避するには、まず、圧縮ドライブのホスト ドライブの空き容量を確認してください。次に、圧縮ドライブのルート ディレクトリで DIR /O-S /P コマンドを実行してファイルを検索し、ホスト ドライブの空き容量を越えるファイルを削除するか、もしくはバックアップを作成します。(DIR コマンドの "/O-S" は、ファイルをサイズ順に大きい方から小さい方へ並べるためのオプション スイッチです。)
その後、DoubleSpace を再度実行して下さい。

Keywords: KBINFO KB405975
Technology: kbMSDOS620 kbMSDOSSearch

inserted by FC2 system