本ページは公開が終了したページの複製であり、掲載時点での情報です。本ページに記載されている内容について各所に問い合わせることはご遠慮下さい。
サポート技術情報

MSCDEXに関するQ&A

文書番号: 405942

最終更新日: 1997/11/02


この資料は以下の製品について記述したものです。


この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP405942

概要

CD-ROM ドライブを使用する際は、MSCDEX.EXE をメモリに常駐させる必要があります。ここでは MSCDEX をご使用いただく際の一般的な疑問点、問題点についてQ&A形式でまとめてみました。トラブルシューティングの参考にしてください。

現象

  Q1. MS-DOS 6.2/V をインストールしたら CD-ROM ドライブが、正常に動作しなくな
        ってしまった。どうすればよいか?
  A: AUTOEXEC.BAT ファイル内に CD-ROM 用のデバイスドライバ (MSCDEX.EXE) が登録
      されている場合、MS-DOS 6.2/V のセットアップ プログラムは自動的にその
      MSCDEX.EXE を Version 2.23 に更新します。このバージョンが CD-ROM のデバイ
      スドライバに対応していない場合、CD-ROM ドライブが正常に動作しなくなるとい
      うことが考えられます。もし以前のバージョンの MS-DOS でこのような問題が起
      らなかった場合は、MSCDEX を以前のバージョンのものに置き換えてみてくださ
      い。その際、CONFIG.SYS ファイルに次の行を追加してマシンを再起動してくださ
      い。
           DEVICE=C:\DOS\SETVER.EXE
      また、他の原因として MSCDEX と他のデバイスドライバなどが、メモリで競合し
      ている可能性も考えられます。もし MSCDEX を上位メモリ( UMB )に読み込んだ時
      にうまく動作しないならば、MSCDEX を コンベンショナルメモリに読み込んで再
      度お試しください。
      CD-ROM のデバイスドライバが MSCDEX.EXE Version 2.23 と互換性があるかどう
      かは、CD-ROM のメーカー様にご確認ください。
  Q2. MSCDEX.EXE Version 2.23 を上位メモリ( UMB )に読み込むことはできるか?
  A: LOADHIGH ( LH )コマンドを使って、読み込むことが可能です。ただし、拡張メモ
      リ( XMS )があり、メモリマネージャ( EMM386.EXE )によって上位メモリ( UMB )
      が利用できる設定になっている、CPU が 80386 以上のマシンに限ります。
      もし LOADHIGH コマンドによってうまく UMB に読み込めない場合は、MemMaker
      を実行してシステムの最適化を行ってみてください。MemMaker は UMB に読み込
      むドライバ等の順番を変えたり、さらにたくさんの UMB を使えるようならばその
      ようにメモリの設定をしなおすので、その結果、MSCDEX が UMB に読み込めるよ
      うになる場合があります。
      しかし、もし LOADHIGH コマンドを使用して MSCDEX を組み込んで「 FAR メモリが
      足りません」というようなエラーメッセージが出る場合は、UMB に組み込まず、
      コンベンショナル メモリに読み込むようにしてください。
      MemMaker を使用しての メモリの最適化の方法については、MS-DOS 6.2/V 『ユー
      ザーズ ガイド』 7 章「 MS-DOS のメモリ」の「 7.4.1 コンベンショナル メモリの
      解放」をご参照ください。
  Q3. CD-ROM ドライブのキャッシュを行うことはできるか?
  A: MS-DOS 6.2/V に添付されている SMARTDRV.EXE Version 5.0 は、CD-ROM ドライ
      ブの読み取りキャッシュをサポートしています。MSCDEX.EXE によってサポートさ
      れている CD-ROM あれば、この SMARTDRV.EXE Version 5.0 によって読み取りキャ
      ッシュを行うことができます。デフォルトの設定では、SMARTDrive は自動的に
      CD-ROM ドライブのキャッシュを行いますが、/U のスイッチを指定して
      SMARTDRV.EXE を読み込むと、CD-ROM ドライブでのキャッシュは無効になります。
      また、/U スイッチを指定しなくても、<ドライブ>+|- というパラメータを使って
      ドライブごとのキャッシュのオン/オフを切り替えることもできます。
      なお、CD-ROM ドライブのキャッシュを有効にする場合は、MSCDEX.EXE を
      SMARTDRV.EXE よりも先にメモリに読み込む必要があります。つまり、
      AUTOEXEC.BAT ファイル内で設定している場合は、MSCDEX.EXE の行を
      SMARTDRV.EXE の行より前に持ってきてください。
      SMARTDrive の詳細については、MS-DOS 6.2/V 『ユーザーズ ガイド』 3 章
      「 MS-DOS のディスク操作」の「 3.4.2 ディスク キャッシュを行う:       SMARTDrive 」
      もしくは MS-DOS HELP の情報( MS-DOS のコマンド プロンプトで
      HELP SMARTDRV と入力する)をご参照ください。

詳細

MSCDEX のスイッチや入力例などの詳細については、コマンド ライン ヘルプ、もしくは MS-DOS HELP の情報( MS-DOS のコマンド プロンプトで HELP MSCDEX と入力する)をご参照ください。

Keywords: CD-ROM DOS6V TSHOOT KB405942
Technology: kbMSDOS620 kbMSDOSSearch

inserted by FC2 system