本ページは公開が終了したページの複製であり、掲載時点での情報です。本ページに記載されている内容について各所に問い合わせることはご遠慮下さい。
サポート技術情報

DoubleGuard について

文書番号: 405930

最終更新日: 1997/11/02


この資料は以下の製品について記述したものです。


この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP405930

概要

DoubleGuard は、DoubleSpace の使用していたメモリに、他のプログラムが不正にアクセスした場合、警告メッセージを表示します。そして、ダメージが大きくならないようにシステムを停止させます。
ここでは、その警告メッセージの意味の解説と、対処方法について説明します。

DoubleGuard の警告メッセージついて

DoubleGuard の警告メッセージは次のように表示されます。
メッセージは英語で表示されます。)
    DoubleGuard Alarm #××
    A program has corrupted memory belonging to DoubleSpace.
    Further disk activity could result in the loss of some or all of
    the data on your drive.  Therefore, DoubleGuard has halted your
    computer.  For more information, see the README.TXT file
    プログラムが DoubleSpace が使用しているメモリを侵害しました。
    このまま作業を続けると、ディスクにあるデータの一部、または全てが
    失われてしまう可能性があるので、DoubleGuard はシステムを停止させ
    ました。詳しくは、README.TXT を参照してください。
  ××には 13、14、15、16 のいずれかが入ります。
このエラーはアプリケーション、デバイスドライバ、またはメモリ常駐プログラム( TSR )が DBLSPACE.BIN によって使用されているメモリに不正にアクセスし、それをDoubleGuard が見つけた時に出ます。
通常、各プログラムはそれぞれ固有のメモリ領域を持っており、他のプログラムが既に使用しているメモリは使用しません。しかし、中には、タイミングなどの関係で他のプログラム用のメモリを誤って使用してしまい、プログラムエラーを引き起こしてしまうものがあります。このようなプログラムが DoubleSpace の使用しているメモリ領域を使用すると、DoubleSpace がメモリに保存するデータにそのプログラムのデータが上書きされてしまい、元あった DoubleSpace のデータが損失してしまう可能性があります。このような問題を回避するため、DoubleGuard は他のプログラムがDoubleSpace のメモリに不正にアクセスしたことを検出した場合、データの損失を最小限にとどめるためにシステムを停止させます。
それぞれのエラーコードの意味は以下の通りです。
  エラーコード                     問題が発生したメモリ エリア
  ------------          -------------------------------------------------
    13                  BitFAT ( CVF ファイルの使用/未使用セクタを示す FAT )
    14                  MDFAT ( CVF ファイル内のセクタの物理的位置を示す FAT )
    15                  ファイル フラグメント リスト
    16                  DBLSPACE.BIN プログラム領域

対処方法について

DoubleGuard の警告メッセージが表示されたときは、次の手順をお試しください。
  1. 電源スイッチをオフ、オンして、コンピュータを再起動します。
  2. MS-DOS のコマンドプロンプトから次のように入力します。
                 SCANDISK /ALL      <Enter>
    
ScanDisk が起動してすべてのドライブを検査し、DoubleSpace のメモリにアクセスしたプログラムによって生じたと思われる問題を修復します。
なお、現在のところ、これらの DoubleGuard による警告メッセージは Quarterdeck社の QEMM -386 をステルス モードで使用中に出ることしか、確認されていません。この問題を対処するには、MS-DOS 6.2/V 添付のメモリドライバをご使用いただくか、QEMM のメーカー様にアップ グレードについてお問い合わせください。なお、READMEJ.TXT の「 7.13 DoubleGuard の警告メッセージが表示された場合」またはREADME.TXT の 「 7.19 You receive a DoubleGuard Alarm message 」 を併せてご参照ください。

詳細

DoubleGuard は DoubleSpace をインストールすると自動的に有効となりますが、MS-DOS コマンドプロンプトから次のように入力することによって無効にすることができます。
           DBLSPACE /DOUBLEGUARD=0

DoubleGuard はメモリに常駐するので、無効にすることによって多少(約 1KB くらい)のメモリをセーブできますが、エラーによってデータが損失するかもしれないことを 考えると、おすすめできません。
DoubleGuard を有効にするには MS-DOS コマンドプロンプトから次のように入力してください。
           DBLSPACE /DOUBLEGUARD=1

Keywords: DBLSPACE DOS6V ERROR KBRAID MEMORY エラー KB405930
Technology: kbMSDOS620 kbMSDOSSearch

inserted by FC2 system