本ページは公開が終了したページの複製であり、掲載時点での情報です。本ページに記載されている内容について各所に問い合わせることはご遠慮下さい。
サポート技術情報

[DOS]DOS6.2/V「ユーザーズガイド」、「日本語入力ガイド<MSIME>」の正誤表

文書番号: 405929

最終更新日: 1998/03/23


この資料は以下の製品について記述したものです。


この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP405929

概要

MS-DOS 6.2/V に添付されている『ユーザーズ ガイド』と『日本語入力ガイド<MS IME> 』の内容で、記述に誤りがある箇所がございます。次にその誤りの箇所と正しい記述を表にいたしましたので、ご確認の上、訂正していただくようお願い申し上げます。MS-DOS 6.2/V ユーザーの皆様には、ご迷惑をおかけいたしましたことを深くお詫び申し上げます。
また、これは現時点で確認されている記述の誤りを表にしたものであり、その他の間違いなどについては、弊社で確認し次第追加情報として、随時このサポート情報にてお知らせする予定です。なお、これは「 1993 年 12 月 6 日 初版第 1 刷発行」のものについてです。また、『セットアップ ガイド』については、現時点では記述の誤りは確認されておりません。

1.ユーザーズ ガイド

  ページ  誤 (ユーザーズガイド内の記述)         正
  ------  -----------------------------      ---------------------------------
  62      上から 4 行目
          MS-DOS は半角で 128 文字 (ドライブ   MS-DOS は半角で 66 文字 (ドライ
          名、 コロン、円記号を含む) までの    ブ名、コロン、円記号を含む) まで
          パスを認識します。                   のパスを認識します。
  155     下から 9 行目
          [MS-DOS のパス] を選択した場合はド    [MS-DOS のパス] を選択した場合は
          ライバやディレクトリを...            ドライブやディレクトリを...
  187     手順 [2] の入力例
          COPY MSAV*.* A:                       COPY C:\DOS\MSAV*.* A:
                                                (MS-DOS を組み込んだディレクト
                                                 リ)
  237     CONFIG.SYS の例 [use_ime] セクション
          INCLUDE=NO_IME                        INCLUDE=NO_IME
          DEVICEHIGH=C:\DOS\KKCFUNC.SYS         DEVICEHIGH=C:\DOS\KKCFUNC.SYS
          DEVICE=C:\DOS\MSIME.SYS /A1           DEVICE=C:\DOS\MSIMEK.SYS /A1
          DEVICE=C:\DOS\MEIME.SYS /D*C:..       DEVICE=C:\DOS\MEIME.SYS /D*C:..
  238     (ここまでが [no_ime] ブロックと同じ) の下
          DEVICEHIGH=C:\DOS\KKCFUNC.SYS         DEVICEHIGH=C:\DOS\KKCFUNC.SYS
          DEVICE=C:\DOS\MSIME.SYS /A1           DEVICE=C:\DOS\MSIMEK.SYS /A1
          DEVICE=C:\DOS\MEIMEK.SYS /D*C:..      DEVICE=C:\DOS\MEIME.SYS /D*C:..
  270     操作手順 (2) の [2]
          [Space] キーを押して [Try again with  [Space] キーを 2 回押して
          the same settings] を選択し [Enter]   [Cancel and undo all changes]
          キーを押します。                      を選択し、[Enter] キーを
                                                押します。
  297     Interlnk を使うのに必要なもの
          接続には、7 芯ヌルモデム シリアル      接続には、7 芯ヌルモデム シリア
          ケーブルが必要です。                  ルケーブルが必要です。ピン配列
                                                の説明がオンラインヘルプ
                                                "INTERLNK" の <解説> にあるの
                                                で、そちらをご参照ください。
  319      デバイス ドライバ
           KKFUNC.SYS                            KKCFUNC.SYS

2.日本語入力ガイド <MS IME>

  ページ  誤 (日本語入力ガイド内の記述)        正
  ------  -----------------------------        --------------------------------
  35      最上段左上
          XW2 (第 2 レベル)                    WX2 (第 2 レベル)
  97      登録機能でのメニュー [J: コード]      注意:
                                               このメニューは JIS コードで参照で
                                               きないエリアの場合、表示されませ
                                                ん
  109     MS IME のファイル
          MSIME.SYS   カーネル ファイル         MSIME.SYS フロントエンド ファイ
                                                ル
          MSIMED.SYS  フロントエンド ファイル   MSIMED.SYS  文法ファイル
          MSIMEK.SYS  文法ファイル              MSIMEK.SYS  カーネル ファイル

Keywords: KBINFO KB405929
Technology: kbMSDOS620 kbMSDOSSearch

inserted by FC2 system