本ページは公開が終了したページの複製であり、掲載時点での情報です。本ページに記載されている内容について各所に問い合わせることはご遠慮下さい。
サポート技術情報

DOS:MS-DOS 6.2/V Microsoft Backup (MS-DOS用) の起動環境

文書番号: 402267

最終更新日: 1997/11/02


この資料は以下の製品について記述したものです。


この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP402267

概要

この資料は MS-DOS 6.2/V Microsoft Backup (MS-DOS 用) の起動環境について説明した ものです。

現象

MSBACKUP 関係のファイルをフロッピー ディスクにコピーして、フロッピーディスクから MSBACKUP を実行しようとしても、
    MSBACKUP プログラムはハードディスクになければなりません。
    フロッピーディスクから MSBACKUP を起動することはできません。
といったエラーメッセージが表示され、起動できません。したがって、MSBACKUP でバックアップをとったものをハードディスクにリストア (復元) する場合は、まず MS-DOS6.2/V をセットアップし、MSBACKUP がハードディスク上にインストールされている状態にしてからリストアを行ってください。(MS-DOS 6.2/V セットアップ中に [Backup]、[Undelete]、[Anti-Virus] の組み込みを選択できます。詳しくは『 MS-DOS 6.2/V セットアップ ガイド』の P22 ~ P24 をご参照ください。)
ハードディスクをフォーマットして環境を再構築する場合、アプリケーション プログラムなどは再度、最初から新規にインストールし、自分自身で作成されたデータや文書ファイルなど、プログラムを再インストールしただけでは元に戻らないものをリストアすることをお薦めいたします。これは、INI ファイルの設定などによって、以前の環境で動作していたものが、新しい環境では他のプログラムなどとの関係により、正常に動作しなくなる場合があるためです。
MSBACKUP の操作方法については、MS-DOS 6.2/V 『ユーザーズ ガイド』 P142 ~ の「 4.1 ファイルのバックアップ: Backup 」 やオンラインヘルプ (コマンドプロンプトから "HELP MSBACKUP" と入力します) をご参照ください。

Keywords: BACKUP BOOT DOS6V ERROR HELP KBINFO KB402267
Technology: kbMSDOS620 kbMSDOSSearch

inserted by FC2 system