本ページは公開が終了したページの複製であり、掲載時点での情報です。本ページに記載されている内容について各所に問い合わせることはご遠慮下さい。
サポート技術情報

DOS:MS-DOS 6.2/VとIBM ThinkPad 330Cs使用時の画面表示不具合

文書番号: 402265

最終更新日: 2003/11/11


この資料は以下の製品について記述したものです。


概要

IBM ThinkPad 330Cs に MS-DOS 6.2/V をセットアップした際、次のような現象が起こる場合があります。
Windows 3.1 終了後、画面が真っ暗になる。(しかし、その状態で "WIN" と入力すれば Windows が起動するので、マシンがハングアップしている訳ではない。)
MS-DOS 6.2/V のフルスクリーン アプリケーション (たとえば Edit や MemMaker など) を起動しようとすると、画面が真っ暗になる。
ここでは、そのような場合の対処方法について説明いたします。

現象

IBM ThinkPad 330Cs には、"V256.SYS" というデバイス ドライバがメーカーより添付されています。このドライバは Windows 上で 256 色表示を実現するために Windows ディスプレイドライバの支援をするもので、CONFIG.SYS ファイルに登録して使用します。しかし、この V256.SYS が CONFIG.SYS ファイル内で JDISP.SYS より後に登録されている場合(記述の順番が後の場合)、前述のような問題が発生することが確認されております。MS-DOS 6.2/V を標準の方法でセットアップすると、CONFIG.SYS ファイル内での V256.SYS の記述は JDISP.SYS より後に来ますので、以下の手順で順番を書き換え、障害が回避できるかどうかお試しください。
  1. テキストエディタ (Windows の [メモ帳] など) で CONFIG.SYS ファイルを編集できる状態にします。
  2. 次の例を参考に、CONFIG.SYS ファイルの内容を書き換えます。(ディレクトリ名、パスなどはお客様の環境にあわせて適宜変更してください。)
         CONFIG.SYS ファイルの例
           DEVICE=C:\DOS\SETVER.EXE
           DEVICE=C:\DOS\BILING.SYS
           DEVICE=C:\DOS\HIMEM.SYS
           DEVICE=C:\DOS\JFONT.SYS /P=C:\DOS\
           DEVICE=C:\V256.SYS <-------必ず JDISP.SYS より前に来るように移動させます
           DEVICE=C:\DOS\JDISP.SYS
           DEVICE=C:\DOS\JKEYB.SYS /106 C:\DOS\JKEYBRD.SYS
           DOS=HIGH,UMB
                    :
                    :
    
  3. 変更を保存して、エディタを終了させます。
  4. CONFIG.SYS ファイルの変更を有効にするため、マシンを再起動します。
なお、V256.SYS に関してのご質問は、日本アイ・ビー・エム様にお問い合わせいただ くようお願い申し上げます。

Keywords: DISPLAY DOS6V DRIVER KBBUG KBHOWTO SETUP KB402265
Technology: kbMSDOS620 kbMSDOSSearch

inserted by FC2 system