本ページは公開が終了したページの複製であり、掲載時点での情報です。本ページに記載されている内容について各所に問い合わせることはご遠慮下さい。
サポート技術情報

DOS:OLD_DOS ディレクトリについて

文書番号: 402261

最終更新日: 1997/11/02


この資料は以下の製品について記述したものです。


この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP402261

概要

MS-DOS 6.2/V を通常の方法 (MS-DOS 6.2/V 『セットアップ ガイド』 P16 ~ 29) でアップグレードすると、ハードディスク上に OLD_DOS.x (x は 1 以上の整数) といったディレクトリが作成されます。
ここでは、そのディレクトリについて説明します。

現象

1. OLD_DOS.x ディレクトリの役割

OLD_DOS.x ディレクトリは、MS-DOS 6.2/V アップグレード時にハードディスク上に作成されます。
MS-DOS 6.2/V には、アンインストール (UNINSTALL) という以前の DOS に戻せる機能がありますが、アンインストールに必要な以前の DOS のファイルは、フロッピーディスクのアンインストール ディスクと、ハードディスク上の OLD_DOS.x ディレクトリに格納されます。したがって、前の DOS を復元する場合は、アンインストールディスクとOLD_DOS.x ディレクトリが必要となります。ただし、その 2 つが揃っても、
DoubleSpace など圧縮プログラムを組み込んだ後は前の DOS を復元することはできません。
初めて MS-DOS 6.2/V をアップグレードした際は、"OLD_DOS.1" という名前になりますが、2 回、3 回と上書きという形でセットアップを実行すると、"OLD_DOS.2"、"OLD_DOS.3" と新しいディレクトリが作成されます。そのような状態で一番最初の DOSに戻す場合は 3 から 2、2 から 1 へと、順々にアンインストールしていく必要があります。

2. OLD_DOS.x ディレクトリの移動

ルート ディレクトリの空き容量を増やしたい場合は、OLD_DOS.x ディレクトリを他のドライブやフロッピーディスクに移動させることができます。

[OLD_DOS.x ディレクトリを移動させる]

  1. OLD_DOS.x ディレクトリとその中の他のドライブやフロッピーディスクにコピー、またはバックアップします。アンインストールする時には正しいディレクトリ名が必要となりますので、ディレクトリごとコピー、またはバックアップすることをお薦めします。尚、ファイルのみコピー、バックアップする際は、ディレクトリ名を間違わないように (例えば OLD_DOS.1 か、それとも OLD_DOS.2 か、等) 書き留めておいてください。フロッピーディスクにコピーする際、通常は 1.44MB フォーマットのディスク 1 枚で十分ですが、お客様のお使いの環境によって 1 枚のディスクに入りきらない場合がありますのでご注意ください。C ドライブの OLD_DOS.1 ディレクトリを A ドライブのフロッピーディスクにコピーするには次のように入力します。
            XCOPY C:\OLD_DOS.1 A:\OLD_DOS.1
    
    すると、「 OLD_DOS.1 は受け側のファイル名ですか, ディレクトリ名ですか (F=ファイル, D=ディレクトリ) ?」というメッセージが表示されるので、"D" を押します。
  2. ハードディスクから OLD_DOS.x ディレクトリとその中のファイルを削除します。
    DELTREE コマンドを使用すると便利です。その際は次のように入力します。
    (OLD_DOS.1 ディレクトリの場合)
            DELTREE C:\OLD_DOS.1
    
    すると、「ディレクトリ C:\OLD_DOS.1 とすべてのサブディレクトリを削除しますか (Y/N)?」というメッセージが表示されるので、"Y" と入力します。

[以前の DOS を復元する]

  1. C ドライブ (ブートドライブ) のルートディレクトリに OLD_DOS.x ディレクトリとそのファイルをコピー、または復元します。なお、OLD_DOS.x ディレクトリの名前は以前削除したものと同じであることを確認してください。 OLD_DOS.x ディレクトリを移動させるの例で作成したフロッピーディスクから Cドライブに OLD_DOS.1 ディレクトリとファイルをコピーするには次のように入力し"D" を押します。
            XCOPY A:\OLD_DOS.1 C:\OLD_DOS.1
    
  2. アンインストールディスクでマシンを起動し、元の DOS に戻します。詳しくはMS-DOS 6.2/V セットアップ ガイドの P36 ~ P37 をご参照ください。

3. アンインストールの必要がない場合

元の DOS に戻す必要がない場合は、OLD_DOS.x ディレクトリは不要になります。その場合は、DOS のディレクトリ内にある "DELOLDOS.EXE" を実行してください。すなわち、コマンドプロンプトから次のように入力します。
        DELOLDOS (パスが通ってない場合は、C:\DOS\DELOLDOS)

するとハードディスク上の OLD_DOS.x ディレクトリが削除され、同時にDELOLDOS.EXE 自身も DOS のディレクトリから削除されます。

Keywords: DIRECTORY DOS DOS6V KBHOWTO OLD SETUP UNINSTAL UPGRADE KB402261
Technology: kbMSDOS620 kbMSDOSSearch

inserted by FC2 system