本ページは公開が終了したページの複製であり、掲載時点での情報です。本ページに記載されている内容について各所に問い合わせることはご遠慮下さい。
サポート技術情報

[DOS] DoubleSpace圧縮ドライブの最大可能容量について

文書番号: 402249

最終更新日: 1998/03/26


この資料は以下の製品について記述したものです。


この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP402249

概要

DoubleSpace を使用してディスクを圧縮する際、1 ドライブで使用できるディスクの容量には制限があります。ここでは、DoubleSpace で圧縮されたドライブの使用可能な最大容量について説明いたします。

現象

DoubleSpace は 1 クラスタ= 8KB でファイルを管理しています。MS-DOS フォーマットのディスクでは、クラスタのサイズが 8KB の場合、最大ディスク容量は 512MB となります。したがって、DoubleSpace で圧縮されたドライブの最大容量も 512MB です。したがって圧縮率 2 対 1 でデータが圧縮されている場合には、圧縮ドライブのデータが保存されているディスクの物理的な容量、つまり CVF (Compressed Volume File) ファイルの大きさは約 256MB となります。512MB 以上の圧縮ドライブを作成する場合は、複数の圧縮ドライブに分割する必要があります。
クラスタ サイズとディスクの大きさの関係については、以下のサポート情報をご参照ください。


文書番号: 402241
タイトル: ディスクのクラスタ (ファイル アロケーション ユニット) について

CVF ファイルについては、『 MS-DOS 6.2/V ユーザーズ ガイド』 P90 ~ P92 「 3.5.2 ディスク圧縮のメカニズム」をご参照ください。その他、DoubleSpace の詳細については、『 MS-DOS 6.2/V ユーザーズ ガイド』 P81~ の「 3.5 ディスクの空き領域を増やす」、または MS-DOS HELP の情報 (MS-DOS コマンド プロンプトから "HELP DBLSPACE" と入力します。) をご参照ください。

Keywords: CLASTER CLUSTER DBLSPACE DISK DOS6V DRIVE KBINFO SIZE SPACE KB402249
Technology: kbMSDOS620 kbMSDOSSearch

inserted by FC2 system