本ページは公開が終了したページの複製であり、掲載時点での情報です。本ページに記載されている内容について各所に問い合わせることはご遠慮下さい。
サポート技術情報

DOS:DOSのScanDisk起動時に「DoubleDisk の実行中」と表示される

文書番号: 402247

最終更新日: 1997/11/02


この資料は以下の製品について記述したものです。


この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP402247

概要

MS-DOS 6.2/V の ScanDisk プログラム起動時に、"DoubleDisk の実行中である" といった内容のメッセージが表示される場合があります。ここではその原因と対処方法について説明します。

現象

MS-DOS 6.2/V の ScanDisk は起動時に、本当にそのドライブに対して ScanDisk を実行しても大丈夫かどうか、マシンの環境をチェックします。そのチェック時に、"DoubleDisk の実行中は ScanDisk を使ってディスクの修正を行うことはできません"といったメッセージが表示され、ScanDisk が正常に実行できない場合があります。その際の対処方法を、マシンの環境別に説明します。

実際に "DoubleDisk" が組み込まれている場合

ScanDisk プログラムは、MS-DOS 6.2/V に添付されている DoubleSpace には対応していますが、その他サードパーティー製の圧縮プログラムに対しての動作は保証しておりません。したがって "DoubleDisk" を組み込んでいる場合は、"DoubleDisk" に対応したディスク検査・修復プログラムをご使用ください。

"DoubleDisk" は使用していないにもかかわらず、エラーが出る場合

マシンの起動時、CONFIG.SYS や AUTOEXEC.BAT ファイルでドライバを組み込みますが、ドライバの中には ScanDisk プログラムの実行前チェックで、"DoubleDisk" が組み込まれている時と同じ情報を返すものがあります。すると ScanDisk は "DoubleDisk" が組み込まれているものと判断してしまい、前述のメッセージを表示します。このような場合、MS-DOS 6.2/V に添付されているドライバのみを組み込んだ環境で問題が発生するかどうかご確認ください。ドライバが MS-DOS 6.2/V 添付のものかどうかを判断するには、パスを確認してください。たとえば、
   DEVICE=C:\DOS\HIMEM.SYS
のように、"C:\DOS" と付いているものは、基本的に MS-DOS 6.2/V 添付のものです。 しかし、
   DEVICE=C:\TOOL\TOOL.SYS
のように、"C:\DOS" 以外のディレクトリの指定であるものは組み込まないようにしてください。
また、起動時 "Starting MS-DOS..." と表示されたときに、[F5] キーを押すことにより最低限の環境で MS-DOS 6.2/V を起動することもできますので、その方法で起動してもお試しいただけます。(しかし、この場合は日本語環境を実現するドライバも組み込まれないため、英語環境で起動します。)
ただし、MS-DOS 6.2/V 添付以外のドライバの中にも、マシンの起動に必須なもの (たとえば C ドライブを有効にするための SCSI のドライバ) もありますので、ご注意ください。また、MS-DOS 6.2/V の『ユーザーズ ガイド』の P229 をご参照の上、CONFIG.SYS と AUTOEXEC.BAT の各コマンドを実行するかどうか指定しながらマシンを起動する方法をとると、それぞれのファイルを編集し直すことなく、便利です。

Keywords: DBLSPACE DISK DOS6V DRIVE DRIVER ERROR HARD KBHOWTO SCANDISK KB402247
Technology: kbMSDOS620 kbMSDOSSearch

inserted by FC2 system