本ページは公開が終了したページの複製であり、掲載時点での情報です。本ページに記載されている内容について各所に問い合わせることはご遠慮下さい。
サポート技術情報

DOS:MS-DOS 6.2/Vで128文字以上のPATHを設定する方法について

文書番号: 402239

最終更新日: 1997/11/01


この資料は以下の製品について記述したものです。


この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP402239

概要

MS-DOS 5.x までは、"PATH" コマンドに指定することのできるパラメータは 127 文字まで" という制限がありましたが、MS-DOS 6.2/V ではその制限がなくなりました。ここでは 128 文字以上の PATH を設定する方法、制限事項、注意点について説明します。

現象

1. 128 文字以上の PATH 設定方法

128 文字以上の PATH は以前の DOS のように AUTOEXEC.BAT ファイルではなく、\CONFIG.SYS ファイルで設定します。そして CONFIG.SYS ファイルで PATH を設定する場合は、"SET" コマンドを使用します。つまり、次のようになります。
        SET  PATH=C:\DOS;C:\WINDOWS;C:\...
        

しかし、この方法での PATH 設定には制限事項があります。まず、CONFIG.SYS ファイルで設定した PATH は一度設定すると後から (マシンを再起動するまで) 変更することができません。また、"%PATH%"関数を利用して PATH を後から付け足そうとしたり、PATHの設定を変更するようなバッチファイルを実行すると、PATH の設定は最初の 127 文字目までしか有効でなくなってしまいます。
アプリケーション プログラムによっては、128 文字以上の PATH に対応していないものがあります。例えば、MS-DOS の "SET" コマンドで PATH を表示させようとしても、"PATH=" を含めて 128 文字までしか表示されません。したがって、128 文字以上のPATH を設定してそれを確認するには、MS-DOS6.2/V に添付されている "MSD" コマンド (Microsoft Diagnostics) を使用してください。次に MSD コマンドを使用してPATH を確認する手順を示します。
  1. MS-DOS コマンド プロンプトから次のように入力して MSD を起動します。
            C:\DOS\MSD  ("DOS " は MS-DOS 6.2/V のディレクトリを示します。)
    
  2. MSD のメニュー画面が表示されたら、[O] キーを押すか、マウスで [OS Version]を選択 します。すると環境変数の一覧が表示され、その中に設定されているPATH が表示されます。
もし、他社製のアプリケーションなどで 128 文字以上の PATH による問題が発生する場合は、そのアプリケーション メーカーに解決策がないかどうかご相談ください。

2. PATH が 256 文字以上の場合の制限事項

265 文字以上の PATH を設定し、その PATH 設定を解除する際、次のような問題がMS-DOS 6.2/V で確認されています。
設定されている PATH をすべて解除するには MS-DOS コマンドラインから
        PATH ;
または
        SET  PATH=
と入力します。しかし、この作業を実行した後も 256 文字目以降の文字列がどこにも属さない環境変数として環境領域内に残ってしまいます。たとえば次のような 260
文字の PATH 設定をしていたとします。
        PATH=C:\DOS;C:\WINDOWS;C:\ ... WORK
これを前述の手順で解除した場合、環境領域内に最後の 4 文字が残ってしまいます。
そして "SET" コマンドで環境変数を確認すると、次のように表示されます。
        WORK
        COMSPEC=C:\DOS\COMMAND.COM
        PROMPT=$p$g
        TEMP=C:\DOS
この問題に関しましては、現在弊社で調査中です。回避策などの追加情報については、随時このサポート情報にてお知らせする予定です。

3. CONFIG.SYS で PATH を設定する場合の注意点

CONFIG.SYS ファイルで PATH を設定する場合は、新しいプログラムをインストールするたびに手動で PATH を設定しなおす必要があります。ほとんどの、ハードディスクにインストールして使用するアプリケーション プログラムは、セットアップ時にそのプログラムの PATH 設定を AUTOEXEC.BAT ファイルに追加します。CONFIG.SYS ファイルとAUTOEXEC.BAT ファイルの両方に PATH 設定をする記述があると、先に CONFIG.SYS で設定された PATH が AUTOEXEC.BAT が読み込まれた時点で無効となってしまい、AUTOEXEC.BAT に記述されたそのプログラムの PATH のみが有効になります。したがって、CONFIG.SYS で PATH を設定する場合は、新しくプログラムをインストールしてAUTOEXEC.BAT にその PATH 設定が追加されるたびに、その PATH を CONFIG.SYS の"SET PATH=" の行に追加して、AUTOEXEC.BAT の PATH 設定の記述を削除してください。

Keywords: DOS6V KBBUG KBHOWTO LIMIT PARAMETER PATH KB402239
Technology: kbMSDOS620 kbMSDOSSearch

inserted by FC2 system