本ページは公開が終了したページの複製であり、掲載時点での情報です。本ページに記載されている内容について各所に問い合わせることはご遠慮下さい。
サポート技術情報

論理ブロック アドレス (LBA) について

文書番号: 122052

最終更新日: 2003/06/18


この資料は以下の製品について記述したものです。


概要

論理ブロック アドレス (LBA) は、ハード ディスク ドライブへのアクセス方法です。これにより、サイズが 504 MB (1024 シリンダ) を超える IDE ディスクを、MS-DOS fdisk コマンドを使用して完全にパーティション化することができます。この技術が考案される前は、ROM BIOS の制限のため、ハード ディスクのネイティブ ジオメトリを効率的に変換する他のコントローラ ROM ルーチンを使用しない限り、サイズが 504 MB を超えるハード ディスクを fdisk コマンドで使用することはできませんでした。

詳細

LBA は、システム BIOS のランタイム関数です。BIOS は次のコマンドで LBA を使用します : read (retries 付き、および retries なし)、read verify、read long、write (retries 付き、および retries なし)、write verify、write long、read multiple、write multiple、read DMA、write DMA、seek、format track。

非 LBA システムでは、ハード ディスクの実際のジオメトリに関する情報がシステム CMOS に格納されます。ただし、ハード ディスクに関する情報を MS-DOS に報告する際、LBA を採用したシステムは、基本的にハード ディスクを 1024 シリンダ以下で表現し、LBA BIOS が MS-DOS のトラック、ヘッド、およびセクタから、ドライブにより使用される論理ブロック番号への変換を実行します。これにより、特別なドライバやサード パーティ製のディスク ユーティリティなしでディスク全体を使用することが可能になります。

LBA 標準では、以下の 2 種類のドライブ パラメータ テーブルが指定されています。
  • Automatic (Novell NetWare および Unix 用として推奨)。
  • Translation (MS-DOS、Windows、OS/2 2.x、Windows NT 用として推奨)。
以下では、さまざまな BIOS チップ セット (それらの BIOS チップ セットの LBA をサポートする特定のバージョンを含む) で LBA を使用する際の情報について説明します。

American Megatrends Inc.

American Megatrends, Inc. は、1994 年 4 月 25 日以降のバージョンの BIOS が LBA 互換であることを確認済みです。詳細については、American Megatrends に問い合わせてください。

Phoenix

Phoenix BIOS チップ セットの唯一の BIOS アップグレード提供元である Micro Firmware は、BIOS バージョン 4.03 以降が LBA 互換であることを確認済みです。ただし、多くのコンピュータおよびシステム ボード製造元が、バージョン 4.03 BIOS の LBA をサポートしない特定のリビジョンを使用している可能性があります。このような場合は、ハードウェア製造元に該当する BIOS アップグレードについて問い合わせてください。詳細については、Micro Firmware に問い合わせてください。

この資料では、マイクロソフトと関連のない他社の製品について扱われています。明示または黙示にかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 122052 (最終更新日 2000-12-17) を基に作成したものです。

Additional query words: ata eide translation gb gigabyte ami

Keywords: KB122052
Technology: kbMSDOS600 kbMSDOS620 kbMSDOS621 kbMSDOS622 kbMSDOSSearch kbWin95search kbZNotKeyword3

inserted by FC2 system