本ページは公開が終了したページの複製であり、掲載時点での情報です。本ページに記載されている内容について各所に問い合わせることはご遠慮下さい。
infoMagic LOGO matrox g400
matrox LOGO

MillenniumG400 LOGO

新開発 Matrox G400チップを搭載したMillennium G400/G400 MAX が新登場


Millennium G400 Package

※写真は実際の製品と異なる場合があります

Matrox Millennium G400 / G400 MAX (AGP)

価格:オープンプライス(1年間無償保証)

新たに16MB DUAL版もシリーズに追加


Matrox G400チップを搭載したハイパフォーマンスグラフィックボード

 グラフィックアクセラレータ市場ベストセラーのMillenniumに「Millennium G400/G400 MAX」シリーズが登場。「Millennium G400/G400 MAX」シリーズは、従来から定評の優れた画質やトップレベルの2D描画性能に磨きをかけ、さらに3Dグラフィックスにおいても先進的な数々の機能と Matrox独自のテクノロジーの採用により、妥協を許さないベストパフォーマンスを実現しました。またDualHead機能の搭載により、コンピュータ に新たな可能性を提案します。


特徴

新開発の3Dレンダリングアレイプロセッサと256bit Dual Busアーキテクチャの採用

 Matrox G400チップの3Dレンダリングアレイプロセッサは、他に例を見ない独立した2つの128bitバスの搭載によりグラフィックチップとメモリ間のデータ のRead/Writeを同時に並列して行います。この256bit Dual Busアーキテクチャと新開発の3Dレンダリングアレイプロセッサにより「Millennium G400」シリーズは、従来のMGA-G200チップのおよそ3倍である500万ポリゴン/秒の処理能力を実現しました。
 また「Millennium G400 MAX」は、「Millennium G400」よりさらに3D描画性能が約30%向上しており、妥協を許さないハイエンドユーザーの要求にお応えします。

アドバンスドAGPによるAGP 4×/2×モードのサポート

 「Millennium G400/G400 MAX」シリーズはAGP 2×モードに加え、最新のAGP 4×モードもサポートしています。このアドバンスドAGPは、マルチスレッドバスマスタリングにより4×モードで最大1GB/secのバンド幅を利用でき ます。また、その扱える最大テクスチャサイズは2048×2048に及びます。その結果「Millennium G400/G400 MAX」シリーズは、大量のテクスチャデータを必要とする高解像度3Dゲームタイトルにおいてベストパフォーマンスを実現します。

UltraSharpDAC(高性能RAMDAC)と高速SGRAMの採用

 「Millennium G400/G400 MAX」シリーズは300MHz(MAXは360MHz) RAMDACと大容量16MB/32MB SGRAMの搭載により、その3D最大解像度2048×1536(16MB版は1600×1200)で32bitフルカラー表示を可能とします。 Matrox G400に搭載されたUltraSharpDACは、この最大解像度時に85Hz(Millennium G400 MAXの場合)のハイリフレッシュレート表示を可能にしています。また、高品質のアナログ回路の内蔵とS/N比の高いボードレイアウトの採用により、高解 像度においてもクリーンな画質を再現します。

DVDビデオ再生アクセラレーション機能の搭載

 「Millennium G400/G400 MAX」シリーズはソフトウェアDVD再生時における、ハードウェアによるアクセラレーション機能を搭載しました。これにより、CPUの負荷を最大50% 軽減することが可能で、よりコマ落ち等の少ない高品質なDVD再生を実現します。
※対応する再生ソフトウェアが別途必要

高速なOpenGLアクセラレーション

 「Millennium G400/G400 MAX」シリーズに標準装備のOpenGL ICD(Full ICD)は、Quake III Arenaを始めとするOpenGL 対応3Dゲームタイトルにおいて、従来のMGA-G200チップの約3倍の高速な描画を実現します。

比類ない「Millennium G400」シリーズ独自の新機能の数々

Vibrant Color Quality 2(VCQ2)の採用
 Matroxの3D表現へのこだわりの1つが、「Millennium G200」ボードで他社に先駆けて採用した、独自のレンダリング技術であるVibrant Color Quality(VCQ)です。これは16bitの精度で表示されるイメージを、チップ内部で32bit精度に変換して処理した後、改めて16bitで表 現するものです。これにより通常の16bit処理で問題のあった色合い不足が解消され、より正確な色調表現が可能となります。
 Matrox G400チップはこのVCQをさらに進化させたVCQ2を搭載。このVCQ2はVCQの機能にさらに32bitマルチテクスチャ処理機能を加えることにより、今まで以上に豊かな3D表現が可能になりました。

32bit Z-バッファ、8bit ステンシルバッファの搭載
 本格的な3D表現に欠かせない、Z-バッファ(奥行き情報を記録するためのバッファ)をワークステーション並に32bit搭載しています。これにより 3DのデザインワークやCAD等にもご利用になれる精度を持っています。また、8bitのステンシルバッファは3D処理の必要の無い部分をマスクするため のバッファで、再描画の不要な領域をバッファリングします。その結果、複雑な3D画面表示における高速な描画およびCPUの負担を軽減する事が可能となり ます。

業界初、ハードウェアによる3D Environment Bump Mappingのサポート
 Bump Mapping(バンプ・マッピング)とは、3Dグラフィックにおいて微妙な凹凸を表現 するための手法です。従来のBump Mappingはエンボスやマルチパス・アルファ技法等を用いた、いわゆる擬似的表現のため表現に制限が多くリアリティに欠けていました。Matrox G400チップは、DirectX6で規定されるBump Mappingの最上位に位置するEnvironment Bump Mapping(エンヴァイロンメント・バンプ・マッピング)をいち早くハードウェアでサポートしました。
 「Millennium G400/G400 MAX」シリーズはあらゆる環境効果に対応し、リアルで迫力のある3D表現を可能とします。また、このEnvironment Bump Mapping対応のゲームタイトルも多数リリースされる予定です。

Bump Mapping



Environment Bump Mapping 技術情報へ

サポート予定3Dタイトル一覧へ


モーション・ビデオ・レンダリング(MVR)のサポート
 Matroxのノンリニアビデオ編集エンジン等のプロテクノロジーが、Matrox G400チップに初めて応用されました。「Millennium G400/G400MAX」シリーズは、動画と3Dグラフィックスをシームレスにリアルタイムで表示することが可能です。Matroxの動画処理技術と 3Dグラフィックスが高次元で融合して、3Dタイトルに無限の可能性を生み出します。

新開発のDualHead Display機能の搭載(MIL G400/16AD、G400/32AD、MIL G400/32ADMのみ)
 Matrox G400チップには、これまで不可能だった1つのグラフィックチップでプライマリとセカンダリの2台のモニタを制御するDualHead(デュアルヘッ ド)Display機能が搭載されました。これにより「Millennium G400 MAX」および「Millennium G400」Dual版では、1枚のグラフィックボードで2台のモニタを制御することが可能です。そしてMatrox独自のPowerDeskテクノロジー により、Windows 98に加えてWindows NT4.0においてもこのDualHead Display機能を使用することができます。このDualHead Display機能は、通常のマルチモニタ機能も含む、次の4つのモードを持っています。

 このDualHeadディスプレイ機能は、ご使用のアプリケーションに応じて多彩な利用が可能です。そしてセカンダリ・モニタは最大解像度 1280×1024/32bitカラーをサポートします。またDualHead CloneおよびDualHead DVD Maxでは、セカンダリとしてTVモニタを接続することも可能です。

※Windows95/Windows NT4.0上におけるDualHead機能は、OSの持つ機能の違いにより一部制限があります。


DualHead Display機能のOSによる制限事項



DualHead Muliti-Display DualHead Zoom DualHead Clone DualHead DVD Max
DualHead Multi-MonitorDualHead ZoomDualHead CloneDualHead DVD Max


充実したマニュアルとサポート

 InfoMagicはMatrox社の正規代理店としてMatrox社製品の販売を行うとともに、製品の完全な日本語化およびサポートダイヤル、ホームページ等による充実したサポートでお客様をバックアップ致します。


パッケージ内容

※この他に英語版添付品が同梱されている場合があります


製品仕様


御使用いただくのに必要な環境


Millennium G400シリーズ一覧

製品名メモリRAMDAC型番
MillenniumG400/DUAL 32MB MAX AGP版32MB SGRAM360MHzMIL G400/32ADM
MillenniumG400/DUAL 32MB AGP版32MB SGRAM300MHzMIL G400/32AD
MillenniumG400/32MB AGP版32MB SGRAM300MHzMIL G400/32A
MillenniumG400/DUAL 16MB AGP版16MB SGRAM300MHzMIL G400/16AD
MillenniumG400/16MB AGP版16MB SGRAM300MHzMIL G400/16A

その他

 ここに記載の環境を満たしている場合でも、全てのコンピュータ上での動作を保証するものではありません。
 DOS用の High Text/V-Text ドライバはサポートしておりません。
 Windows95、Windows98、WindowsNT4.0用以外のディスプレイドライバは用意されておりません。
 CPUにALPHAチップを搭載したコンピュータはサポートしておりません。
 infoMagicは、告知なしに製品仕様を変更する権利を有します。
 ここに記載された商品名等は各社の商標または登録商標です。

注1 本製品はメモリの増設はできません


戻る





ジャパンマテリアル株式会社 infoMagic事業部

〒160-0023 東京都新宿区西新宿1−9−13高倉第2ビル7F
TEL 03-5325-6516  FAX 03-5325-6518
sales@infomagic.co.jp


COPYRIGHT(C)2000 Japan Material CO.,LTD
ALL RIGHTS RESERVED

inserted by FC2 system