本ページは公開が終了したページの複製であり、掲載時点での情報です。本ページに記載されている内容について各所に問い合わせることはご遠慮下さい。

Printpartner
VSP4750
カット紙プリンタ装置
home
富士通
HOME
top
PRINTER
HOME
製品紹介
製品紹介
(一覧表)
PrintWalker
Print
Walker
ダウンロード
ダウン
ロード

button VSPシリーズの概要
button 製品概要&特長
button 仕様
button 機能
-F66XX
-F69XX
-FMエミュレーション
-フィニッシャ
button 接続形態
button オプション構成
button 価格
button 設置諸元
button 消耗品
photo
問い合わせ先 E-mail: printers@lps.cs.fujitsu.co.jp



VSP4750 製品概要&特長

[フィニッシャ機能を標準で提供]
一分間あたり、50ページの高速印刷に対応。
ステープル(綴じ)や穴あけ機能をサポート。
上部トレイ、セカンドトレイ、大容量トレイの3つのトレイを標準装備。
・上部トレイ
・セカンドトレイ
・大容量トレイ
最大500枚のスタッキングが可能
最大200枚のスタッキングが可能
最大2500枚のスタッキングが可能
さらに、大量印刷など処理業務に合ったオプションを用意しています。
・大容量ホッパ装置 最大3000枚の給紙が可能(A4用紙専用)

[マルチセッション対応]
異なるシステムの印刷データを、同時処理できるマルチセッション機能を提供します。
マルチセッション機能は、最大3種類のデータが同時処理できます。

[ソフトウェアにより拡がる印刷機能]
FNAgateway、PCサーバ+連携ソフト(HOST PRINT)により、グローバルサーバ(GS/Mシリーズ)の印刷機能が拡がります。

・回線費用の安い夜間に印刷データを配信、翌日印刷が可能になります。
(グローバルサーバからの運用時のみ)
・日本語帳票名やジョブ名の帳票一覧をベースに、状態表示や操作が容易に行えます。
・要求時印刷、部分印刷、再印刷など、オンデマンド印刷に対応します。
・簡易表示機能により、クライアント端末よりデータ内容の確認が行えます。
・ステープル(綴じ)や穴あけ、仕分けやソート等の指定をVSP専用ドライバ、あるいは、装置設定により行えます。

[パソコン印刷対応]
VSP専用ドライバ(Windows98/95,WindowsNT用)を用いることによりWindowsパソコンから印刷が可能です。(VSP専用ドライバは装置添付)
また、PrintWalker/PM(装置添付)を用いることにより、リカバリ、メッセージなどパソコンからでもグローバルサーバ/ビジネスサーバ相当のシステム運用が可能です。

[PrintWalker/OVL(VSPPWVL)オプション対応]
本オプションは、PCサーバにおいて、KOL5およびKOL2形式のオーバレイデータをFM形式に変換し、オーバレイキャッシュデータ としてサーバ内に保持したものに対し、COBOLおよびMeFtアプリからのオーバレイ定義に従ったオーバレイ印刷を可能とするソフトウェアです。
本オプションを適用することにより、下記の効果が期待できます。

・プリンタドライバにおけるプリンタ装置固有のデータ展開する必要が無くなるため、プリントサーバのCPU負荷を軽減できる。
・従来のイメージデータと比較し、プリンタへの転送データ量が大幅に削減されることで回線トラフィックを軽減できる。
・プリンタにおいて印刷データ待ち状態が無くなる(注:データ量による)ことにより、従来のイメージデータによる印刷性能と比較して、より装置性能に近い印刷速度で印刷できる。
・帳票定義体として富士通標準のKOL5およびKOL2形式のオーバレイデータを使用できることで、過去の資産を流用可能である。
先頭へ戻る

VSP4750 仕様

印刷方式 レーザ書き込みによる乾式電子写真方式
印刷速度
片面印刷時 【ページ/分】
A4 : 約50ページ/分
A3 : 約27ページ/分
A5 : 約50ページ/分
レター: 約47ページ/分

両面印刷時 【ページ/分】
A4 : 約50ページ/分
A3 : 約19ページ/分
A5 : 約50ページ/分
レター: 約47ページ/分
※上記の値は、同一ページの複数コピーの場合です。
印刷データ量が多い場合、及び、ベクトル/イメージを 印刷する場合は印刷速度が多少遅くなることがあります。
解像度 240×240dpi
400×400dpi (FMエミュレーション)
600×600dpi (FMエミュレーション)
プリンタシーケンス JEF(F66XX)(システムサーバ連携機構が必要)
JEF(F69XX)(システムサーバ連携機構が必要)
FM(400dpi,600dpiは拡張出力機構が必要)
FM/E(拡張出力機構が必要)
用紙の種類 カット紙(上質紙、再生紙)
タック紙、メールシール紙
※タック紙、メールシール紙での両面印刷はできません。
用紙のサイズ A3,A4,A5,B4,B5,レター
用紙の坪量 64〜139g/m2(連量55〜120Kg)
ただし、大容量ホッパ使用時は64〜90g/m2
印刷形式 2モード
(ポートレート,ランドスケープ)
両面印刷 可能(拡張出力機構が必要)
(表・裏面および書き出し位置はホストから指定可能)
接続インターフェース Ethernet(100Base-TX,10BASE-T)
給紙
ホッパ×3段(標準装備)
1段当たり500枚収容可能(坪量64g/m2用紙)

大容量ホッパ(オプション)
A4専用で3000枚収容可能(坪量64g/m2用紙)
排紙
フェースダウンスタッカ
上部トレイ:500枚収容可能(坪量64g/m2用紙)
セカンドトレイ:200枚収容可能(坪量64g/m2用紙)
大容量トレイ:2500枚収容可能(坪量64g/m2用紙)
オフセットスタック 可能(大容量トレイのみ)ジョブ単位・ファイル単位にオフセットスタック可能

先頭へ戻る

VSP4750 機能

VSP4750 機能(F66XX、OPR互換機能)

解像度 240×240dpi (80%縮小、LP-A4/LP-B4偏倍印刷)
文字構成 漢字:7、9、12ポイント相当
縮小文字:半角、1/4角
拡大文字:平体、長体、倍角、ラベル文字
A/N:10、12、15cpi
LPモード:13.3cpi
文字間隔
漢字
7ポイント相当:10字/25.4mm
9ポイント相当:5、6、6.6、7.5、8字/25.4mm
12ポイント相当:5、6字/25.4mm
A/N
10字/25.4mm ,12字/25.4mm ,15字/25.4mm (文字配列テーブル使用時)
行間隔 6行/25.4mm
8行/25.4mm
12行/25.4mm
縦書き 可能(文字を90°回転)
オーバレイ印刷 データ形式:Write形式
イメージ印刷 データ形式:非圧縮、MH、MR、MMR圧縮形式
図形印刷 文字、線、円、面塗りなどの描画
バーコード
印刷
NW−7,標準JAN,短縮JAN,Code3 of 9,
Industrial 2 of 5,Interleaved 2 of 5,物流形式,カスタマバーコードの印刷が可能

【注1】:システムサーバ連携機構が必須です。
【注2】:グローバルサーバ(GS/Mシリーズ)から印刷する場合、NLP/CLPプリンタ装置とVSPプリンタ装置では一部機能差があります。

先頭へ戻る


VSP4750 機能(F69XX、OPR互換機能)

解像度240×240dpi (80%縮小、LP-A4/LP-B4偏倍印刷)
文字構成 漢字:7、9、12ポイント相当
縮小文字:半角、1/4角
拡大文字:平体、長体、倍角、ラベル文字
A/N:10、12、15cpi
LPモード:13.3cpi
文字間隔 標準モード
漢字:7ポ相当:10字/25.4mm


9ポ相当:5、6、6.6、7.5、8字/25.4mm


12ポ相当:5、6字/25.4mm
A/N:10、12、15字/25.4mm
互換モード
漢字:7ポ相当:5、6.6、10字/25.4mm


9ポ相当:5、6.6、8字/25.4mm


12ポ相当:5字/25.4mm
A/N:10、12、15字/25.4mm
行間隔 6行/25.4mm
8行/25.4mm
12行/25.4mm
オーバレイ印刷 データ形式:VDI形式
イメージ印刷 データ形式:非圧縮、MH、MR、MMR圧縮形式
図形印刷 文字、線、円、面塗りなどの描画
バーコード
印刷
NW−7,標準JAN,短縮JAN,Code3 of 9,
Industrial 2 of 5,Interleaved 2 of 5,カスタマバーコード

【注1】 : システムサーバ連携機構が必須です。

先頭へ戻る


VSP4750 機能(FMエミュレーション機能)

解像度 240×240dpi/400×400dpi/600×600dpi ※1
印刷文字種
明朝体、ゴシック体
2バイト文字:JIS非漢字、第1水準/第2水準漢字
文字構成
漢字:7、9、10.5、12ポイント相当
縮小文字:半角、1/4角
拡大文字:平体、長体、倍角
A/N:10、12、15cpi
文字間隔 任意指定
行間隔 任意指定
オーバレイ印刷 データ形式:マクロ形式
イメージ印刷 データ形式:非圧縮、MH/MR/MMR圧縮形式
図形印刷 文字、線,円,面塗りなどの描画
特殊印刷 16進ダンプ印刷、リスト印刷1/2/3
縮小印刷 ※2 70%/75%
コマンド仕様 FMLBP115相当+両面印刷コマンド ※2

※1 FMエミュレーションデータストリームのプログラマーズとしては、富士通発行「FMLBPプログラマーズマニュアル」を参照して下さい。又、400×400dpi, 600×600dpiはオプション(VSP4750EX)にて対応します。
※2 拡張出力機構が必須です。

先頭へ戻る


VSP4750 機能(フィニッシャ機能)

綴じ(ステープル)方法 1カ所綴じ、1カ所斜め綴じ、2カ所綴じの3種類 ※1
最大綴じ枚数
穴あけなし A4以下 50枚(80g/m2換算)
B4以上 30枚(80g/m2換算)
穴あけあり A4以下 40枚(80g/m2換算)
B4以上 25枚(80g/m2換算)
パンチ穴 用紙搬送方向の後端:2穴(1枚ごとの穴あけ)
用紙サイズ 綴じ機能:A4,A3,B5,B4,レター
穴あけ機能:A4,A3,B5,B4,A5,レター
排紙トレイ
フィニッシャ機能が使用できるのは以下の排紙トレイへの出力時になります。

上部トレイ セカンドトレイ 大容量トレイ
綴じ機能 × ×
穴あけ機能 ×
フィニッシャ指定方法 パソコン印刷:VSP専用ドライバからの指定による
システムサーバ印刷:装置側のフィニッシャ設定と排紙トレイの組み合わせによる

※1 綴じは用紙搬送方向の後端のため、用紙サイズ、印刷方向の組み合わせですべての綴じ方法が実行できない場合があります。

先頭へ戻る

VSP4750 オプション構成

オプション構成
機器名 型名 概要 標準価格 出荷時期
プリンタ装置 VSP4750 プリンタ本体 2,580,000円 2000年1月末
システムサーバ連携機構 ※1 VSP4750SS システムサーバ連携オプション(GS/M,GRANPOWER6000) 600,000円 2000年1月末
拡張出力機構 ※1 VSP4750EX 機能拡張用メモリ 100,000円 2000年1月末
大容量ホッパ装置 VSP4700H30 3000枚(A4専用)のホッパ 300,000円
PrintWalker/OVL ※2 VSPPWVL FMエミュレーションにおけるオーバレイデータ印刷(PCサーバ用) 70,000円 2000年1月末

※1: 「拡張出力機構」と「システムサーバ連携機構」は排他オプションであり、2つを同時に実装することはできません。
また、「システムサーバ連携機構」は「拡張出力機構」を含んでいます。

※2: VSPPWVL使用時は、VSP4750EXが必須。尚、VSPPWVLは、V27L10以上の版数で対応。


先頭へ戻る

VSP4750 設置諸元

項目 VSP4750
外形寸法(mm) 1410
奥行 640
高さ 1,030
重量(kg) 193
サービスエリア(mm) 約650
約850
約850
約850
入力電源 電圧 AC100V±10%
単相
周波数 50/60Hz+2,-4%
所要電力量 最大1.4KVA(本体)
約0.12KVA(フィニッシャ)
発熱量 約4.5MJ/H

電源ケーブルは装置添付されます。コンセント形状:平行2Pアース付き

先頭へ戻る

VSP4750 消耗品

消耗品名 商品番号 価格
トナーキットS4 0868140 50,000円(2本入)
現像剤キットS4 0868240 31,000円
ドラムカートリッジS4 0868440 80,000円
定着器 0868740 50,000円
給紙カセットS 0868310 22,000円
ステープルカートリッジ 0868730 4,000円(カートリッジ+針5000本付)
ステープル針 0868735 6,500円(針5000本×4セット)

先頭へ戻る

inserted by FC2 system