NEC MS-DOS 3.3C ユーザーズガイド:第3部 日本語入力機能

パソコンのキーボードにはアルファベットやカタカナ,英記号など様々な文字が印刷されています.

キーボードを叩くと,これらの文字が画面に表示されます.しかし,カナキーを押してカタカナをタイプすることはできても,漢字やひらがなは,そのままではタイプできません.

そこで考え出されたのが,本部で説明する日本語入力機能です.

MS-DOSには,漢字やひらがななど,日本語をタイプするための機能(日本語入力機能)が用意されています.この機能を使って,エディタ(文書編集プログラム)などで日本語の文章をつくったり,アプリケーションソフトの中で日本語をタイプしたりできます.

ここでは, 日本語をタイプする基本的な方法である「かな漢字変換」の操作を中心に解説します.

第1章 日本語入力モード

この章では,日本語入力機能を使い始める前に,知っておいていただきたい基礎知識を解説します.

1.1 日本語モードに入る

日本語入力機能が使える状態のことを「日本語入力モード」と呼びます.

このモードに入るには,CTRLキーを押したままXFERキーを押してください(本書では,これ以降,このようなキー操作を「CTRL+XFERキーを押す.」と記述します).

すると画面のいちばん下の行に次のような表示が出ます.この表示を「ガイドライン」と呼びます.

この状態を「日本語入力モードに入った」といいます.

Image: 画面イメージ

入力モードの状態の見方を左から説明します.

R - ローマ字入力の識別

ローマ字をタイプする際, スペースキーなどで変換可能にするかどうか選択します.「R」が表示されていないときにタイプされた英字は,スペースキーを押しでも変換されません.

この項目は,f10キーで表示される拡張機能メニューで[4.ローマ字切替]を選択して切り替えます.

全 - 全角/半角の識別

タイプする読みがなを,全角/半角, どちらで表示するか選択します.「半」のときは,ひらがなは表示できません.

この項目は,SHIFT+f9で切り替えます

かな - キーシフト状態

タイプする読みがなを, ひらがな/カタカナ/英字,のどれで表示するか選択します.

この項目は,以下のキーで選択します.

@ - AIかな漢字変換

変換する際,前の文節との間に意味のつながりを見つけて,同音異義語の中から文にあった語を表示させる「AIかな漢字変換」を使うかどうか選択します「@」が表示されているときにAIかな漢字変換が使えます.

この項目は, システム構築ファイル内で設定します.

このように表示されず,「〔16進〕」または,「辞書がありません」などと表示された場合は,システム側で日本語入力機能を使う準備ができていない可能性があります.本部第4章4.3を参照して,必要な設定を行ってください.

参考

日本語入力モードに入る前の状態に戻したい場合は, もう一度,CTRL+XFERキーを押します.画面のいちばん下の行の表示は消えます. この状態を「日本語入力モードから抜けた」といいます.

1.2 入力方法の設定

日本語入力モードに入ったら,かな漢字変換を始める前に,読みがなのタイプ方法を設定しておきます.

読みがなのタイプ方法

読みがなをローマ字でタイプする方法を「ローマ字入力」. カタカナでタイプする方法を「カナ入力」と呼びます.読みがなは, ローマ字でタイプしでもカタカナでタイプしでも構いません.自分が慣れている方, やりやすい方でタイプしてください.

日本語入力モードに入ると, ローマ字入力ができる状態になっています.カナ入力をするには,キーボードの左下の方にあるカナキーを押してロックしてください.こうするとキーボードからは英数字でなく,カタカナがタイプできるようになります. もう一度押すとロックは解除されます.

第2章 かな漢字変換の方法

本章では,以下の図の流れに沿ってかな漢字変換の手順を説明します.

2.1 読みがなをタイプする

例:「ピアノの音」(ぴあののおと)

ローマ字入力の場合

「PIANONOOTO」とタイプします.

カナ入力の場合

カナキーを押してロックし,「ピアノノオト」とタイプします.

Image: 画面イメージ

2.2 間違えてタイプした場合

読みがなを間違えてタイプした場合の修正方法は3通りあります.修正の必要がない場合は.2.3に進んでください.

文末を修正する場合(BSキー)

BSキーを押すとカーソルの前にある文字が1文字ずつ削除できます.

文中を修正する場合(←DELキー)

←→キーで修正したい文字にカーソルを合わせます.

DELキーを押すとカーソル位置の文字が1文字ずつ削除できます.

ここで正しい文字をタイプします.

修正が終わったら.→キーでカーソルをタイプした文字の右端まで移動しておきます.

タイプした読みを取り消す場合(ESCキー)

ESCキーを押すと,タイプした読みがなが取り消されます. もう一度タイプし直したい場合に便利です.

2.3 漢字に変換する [スペース/XFER]

読みがながタイプできたら, スペースキーまたはXFERキーを押して,漢字に変換します.変換された最初の単語(文節)が反転表示されます.

Image: 画面イメージ

反転している部分が変換される単位です.この単位は,単語や文節です.本書ではこれ以降,この変換の単位となる部分を「文節」と呼びます.

参考

句読点(、。,.など)をタイプしでも,漢字に変換されます.また,変換する際は「ピアノ」などの外来語は上の例のようにカタカナに変換されます.希望する漢字が表示された場合は,これで確定します

希望する漢字に変換されなかった場合は,いくつかの原因が考えられますので,次に挙げた原因の中から現在の状況に合うものを探して,それぞれの指示に従って修正してください

(原因1) 読みを間違えてタイプした ― ESCキーを押し, 2.2の方法で修正
(原因2) 単語(文節)の切れ目が間違っている ― 2.4の方法で修正
(原因3) 一部うまく変換されていない個所がある ― 2.5の方法で修正
(原因4) 同音異義語に変換されている ― 2.6の方法で修正

2.4 文節を区切り直す [CTRL+←/→]

「地区毎に」と表示させたいため,「ちくごとに」とタイプし,変換したところ,次のように表示されたとします.

Image: 画面イメージ

この場合は,次の手順で「ちくごとに」と文節を区切り直します.

Image: 画面イメージ

反転部分が「地区」になるまでCTRL+←キーを数回押します.

ここで,反転部分が「地区」ではなく,「知久」のような同音異義語になっていた場合は,目的の漢字が表示されるまでスペースキーまたはXFERキーを押します.詳細は, 2.6を参照してください.

これで文節の区切り直しは完了しました.この例では,前半は正しく変換されていますが,後半は修正が必要です.後半を修正するには,

参考

この例では,CTRL+←キーで変換する文節を短くしましたが,長くしたい場合はCTRL+→キーを使います.

2.5 変換する文節を変更する [↑/↓(またはNFER)]

Image: 画面イメージ

ここで「事に」を変換可能な文節にするには,↓(またはNFER)キーを押します.

Image: 画面イメージ

「事に」が反転されました. これで,この部分が変換できるようになりました. 2.6で同音語から目的の漢字を選択してください.

参考

変換する文節(反転部分)を右に移動する場合は↓(またはNFER)キーを押し,左に移動させる場合は↑キーを押します.

2.6 同音語から目的の漢字を選択する [スペース/XFER]

Image: 画面イメージ

スペースキーまたはXFERキーを押すと,「事に」の次項補が表示されます.何回か押して,「毎に」を表示させます.「地区毎に」と希望通りに表示されたら, リターンキーを押して確定します.

同音異義語が多い場合

例えば「地区」(ちく)などのように同音異義語が多い場合は,スペースキーまたはXFERコキーを何回か押していると,画面の下の方に,次のような候補群が表示されます.

Image: 画面イメージ

この状態での各キーの役割は次の通りです.

1〜9 - 該当する番号の候補を選択する
リターンキー - 反転している候補を選択する
← → - 候補群の中で反転部分を(左右に)移動させる
スペースキー - 候補群の中で反転部分を右に移動させる
XFER - 次の候補群を表示する
SHIFT+XFER - 前の候補群を表示する

参考

右端の候補が反転しているときにスペースキーを押すと,次の候補群が表示されます.

これで基本的な漢字のタイプ方法の説明は終わりです.確定後にリターンキーを押すと次のようなメッセージが表示されますが, これは,タイプした内容がパソコンにとって意味のないものであることを表すメッセージですので無視して構いません.

Image: 画面イメージ

2.7 日本語入力キー操作一覧

日本語入力機能で使用するキーは,次のとおりです.

キー 機能
CTRL+XFER 日本語入力モードに入る
XFERまたはスペース 読みがなを漢字に変換する
同音語の次候補を表示する
SHIFT+XFER 同音語の前候補を表示する
リターン 文字を一括確定する
↓またはNFER 変換する文節を右に移動する
変換する文節を左に移動する
カーソルを右に移動する
カーソルを左に移動する
ESC 変換前の状態に戻す
カナ (ロックした状態で)カナ入力
CAPS (ロックした状態で)大文字のタイプ
BS カーソルの直前の文字を削除する
f6 ひらがなに変換する
f7 カタカナに変換する
f8 ローマ字入力の際,入力したローマ字に戻す
f9 半角の英数,カタカナに変換する
f10 拡張機能
SHIFT+f6 タイプした読みがなをひらがなで表示する
SHIFT+f7 タイプした読みがなをカタカナで表示する
SHIFT+f8 タイプした読みがなを英数字で表示する
SHIFT+f9 全角と半角を切り換える
SHIFT+f10 文字コード番号で入力する
TAB 変換前の文字を一括確定する
INS 挿入/上書きモードを切り替える

第3章 漢字以外の文字や記号のタイプ方法

本章では,漢字に変換したくない文字の処理方法や,記号のタイプ方法を紹介します.

3.1 ひらがなのタイプ

ひらがなだけをタイプする

読みがなをタイプしたら,スペースキーなどで変換せずに, リターンキーを押して確定します.

漢字やカタカナ,英字をひらがなにする(ひらがな変換)

f6キーを押すと,確定前の文字はひらがなに変換されます.

3.2 カタカナのタイプ

一般的によく使われる外来語などは,あらかじめ辞書に登録しであるので, スペースキーなどで変換するとカタカナに変換されます.ここでは,通常のかな漢字変換でカタカナに変換されない単語をカタカナにする方法を説明します.

カタカナだけをタイプする(カタカナシフト)

SHIFT+f7キーを押すと,キーシフト状態が「カタカナ」に変わり,タイプする読みがなをひらがなではなくカタカナで表示させることができます.

Image: 画面イメージ

カタカナで表示された読みがなは,リターンキーを押すとそのまま確定し, スペースキー, またはXFERキーを押すと漢字かな交じり文に変換されます.

漢字やひらがな,英字をカタカナにする(カタカナ変換)

f7キーを押すと,確定前の文字はカタカナに変換されます.

3.3 英数字のタイプ

カナ入力をしている方がキーボード上の英数字をタイプする場合は,カナキーを押してカナロックをはずしておいてください

英数字だけをタイプする(英数シフト)

SHIFT+f9キーを押すと,キーシフト状態が「英数」に変わり,タイプする読みがなを英数字で表示させることができます.

Image: 画面イメージ

英字で表示された読みがなは, リターンキーを押すとそのまま確定し,スペースキー,またはXFERキーを押すと漢字かな交じり文に変換されます.

ただし,f10キーで表示される拡張機能メニューで[4.ローマ字切替]を選択してローマ字入力をOFFにした(ガイドラインの左端に「R」がない)場合は,スペースキーなどを押しでも,英字は変換されません.

漢字やひらがな,カタカナを英字にする(英数変換)

f8キーを押すと,確定前の文字は英字に変換されます.

3.4 半角英数カタカナのタイプ

半角文字だけをタイプする

SHIFT+f9キーを押すと,入力モードのガイド表示が「全」から「半」に変わり,タイプする読みがなを半角の英数字またはカタカナで表示させることができます.

Image: 画面イメージ

英数字を表示したい場合は,SHIFT+f8キーを押します.

Image: 画面イメージ

半角文字で表示された読みがなは, リターンキーを押すとそのまま確定し,スペースキー, またはXFERキーを押すと漢字かな交じり文に変換されます.

全角文字を半角の英数カタカナにする(半角変換)

f9キーを押すと,確定前の文字は半角の英数カタカナに変換されます.

3.5 記号のタイプ

カナ入力をしている方がキーボード上の英記号をタイプする場合は,カナキーを押して, カナロックをはずしてからタイプしてください.

キーボードにはない特殊記号をタイプする場合は, 「きごう」とタイプしてスペースキーまたはXFERキーを押します.希望する記号が表示されるまで何回かスペースキーまたはXFERキーを押して,同音異義語の選択の要領で選択します.

また,タイプしたい記号や文字のコード番号がわかる場合は,SHIFT+f10キーでコード入力を行うこともできます.

第4章 関連知識

本章では,日本語入力機能を操作する上で知っておいていただきたい事項―学習機能,単語登録,環境設定について―を解説します.

4.1 学習機能

日本語入力機能の中には,同音異義語の中で,以前(一番最近)に選択された語を辞書の候補群の先頭に登録しておく「学習機能」があります.

充分に学習した辞書ファイルでは,あまり使われない候補は候補群の後の方に置かれます.漢字表示の順序を変更したくないとき,他人の辞書を使わなければならないとき,その時に限って特殊な語を使いたいときなどは,辞書に学習結果を残さない方がいいので,学習機能が働かないようにしてください.

初期設定では,学習機能は「学習有り」に設定されています.f10キーで表示される拡張機能メニューで[6.補助機能]から[1.学習] を選択して「学習無し」にすると,学習機能は働かなくなります.

4.2 単語登録

システムディスクの辞書ファイルにあらかじめ登録されているのは,使用頻度が比較的高い単語です.したがって,珍しい人名や会社名のような固有名詞,特殊な専門用語などは単語として登録されていない場合があります.このような語を頻繁に使う場合は,その単語を辞書に登録しておくことをおすすめします.単語登録をしておくと,通常ではうまく変換されない単語を速く正確に変換することができます.

また,短い読みがなで長い単語を登録することもできます.よく使う語は他の語と混同しない短い読みで登録しておけば, タイプの手間を軽減することができます.

単語登録の手順

例:「明広」という単語を「あきひろ」という読みで登録する

1. 日本語入力モードに入っている状態で,登録したい単語を画面に表示させます.この例では,読みがなを「みょう」「ひろ」のように分けて変換し,表示させます.登録する前の語は,どんな読みを使ってもかまいませんからともかく目的の漢字を画面に表示してください.

2. f10キーで表示される拡張機能メニューで[1.単語登録]を選択して,単語登録モードにします.画面は次のようになります.

Image: 画面イメージ

単語登録を中止するには,ESCキーを押してください.

3. 登録したい単語の範囲を指定します.

まず,カーソル移動キー(↑↓←→)でカーソルを単語の先頭文字に重ね, リターンキーを押します.

Image: 画面イメージ

次に,単語の最後の文字にカーソルを重ねてリターンキーを押します.登録単語は反転表示されます.

Image: 画面イメージ

4. ガイドラインの「漢字」の表示が「読み」に変わり,入力モードが半角入力モードになります.ここで,読みを16文字以内でタイプします.

なお,読みに記号は使用できません.

ここでは「アキヒロ」とタイプし, リターンキーを押します.

Image: 画面イメージ

5. 登録したい単語に適した品詞を指定します.

品詞の選択には←→キーを使用します.

ここで登録する語「明広」は人名ですから,→キーを使って「固有名詞」にカーソルを合わせ, リターンキーを押します.

Image: 画面イメージ

品詞を指定したくないときは,「無し」を選択してください.

続いて,より細かい品詞を選択します.ここでは選択する項目が数画面にわたっているので,カーソル移動キー(↑↓←→)を使って品詞を選択します.

ここで登録する単語「明広」に適した品詞は「名前」です.カーソルを「名前」に重ね,リターンキーを押してください.

Image: 画面イメージ

以上で品詞の選択操作は終わり,同時に単語が辞書ファイルに書き込まれて単語登録操作も終わります.

登録しようとする単語に適した品詞を指定しないと,正しく変換されないこともあります.品詞を正しく指定すれば,変換効率が上がります.

なお,動詞,形容詞,形容動詞を登録する場合は,語幹(活用しない部分)だけを登録してください.

単語登録のポイント

(1) 読みをあまり短く登録すると,登録した単語を後に連想するのが難しくなりがちで,誤変換の原因ともなります.

例:読み:こ 登録単語:コントロールコード

この例の状態で「ことしのもくひょうは」と入力して変換すると, 「コントロールコードと市の目標は」などと誤変換されてしまいます.

(2) 辞書ファイルにはあらかじめ,「略号→機関名」が登録されています.

(3) 登録した単語を削除する場合は,削除したい単語を画面に表示させ,f10キーで表示される拡張機能メニューで[2.単語削除]を選択します.

4.3 日本語入力モードの環境設定 [f10]

日本語入力モードに入っている最中に,使用する辞書や変換の方式などの環境を一時的に変更することができます.ここでは,使用する辞書,変換方式,コード体系,句読点変換の設定,同音語の表示方法の変更方法を説明します.

Image: 画面イメージ

この画面で項目を選択するには,該当する番号をキーボードからタイプするか,←→キーで選択したい項目にカーソルを重ねてリターンキーを押します.前の画面に戻る場合は. ESCキーを押します.

使用する辞書の変更

[3.辞書切替]を選択します.ガイドラインに現在使用している辞書のドライブ名とファイル名が表示されます.変更の必要がない場合はリターンキーを押します.変更が必要な場合は,使用したい辞書のあるドライブ名と辞書のファイル名をタイプしてリターンキーを押します.辞書のファイル名は"NECAI.SYS"です.

変換方式の変更

[5.入力形式]を選択し. [1.変換方式]を選択します.初期値は逐次変換(逐次)になっています.

「1.逐次」. 「2.連文(先読あり)」. 「3.連文(先読なし)」のいずれかを選択します.

コード体系の変更

コード入力の際に使用するコード体系(「JIS」「シフトJIS」「区点」のいずれか)を選択します.初期値はJISコードになっています.

[5.入力形式]を選択し. [2.コード]を選択します.

句読点変換の指定

読みとして[,]キー,[.]キーを押したときに,スペースキーやXFERキーと同様にかな漢字変換を始めるかどうかを設定します.初期値ではこの機能は設定されています.

[6.補助機能]を選択し, [2.句読点変換]を選択します.

同音語表示方法の変更

タイプされた「読み」に対して複数の同音異義語があったとき,それらをどのように表示するかを設定します.次のような表示方法があります.

直接表示

スペースキーやXFERキーを押すたびに変換中のカーソル位置に次々と同音語が表示され,希望の単語が表示された時点で次の語の変換に向かう方法です.

一覧表示

同音語をまとめてガイドラインに番号つきで並べて表示し,選択する方法です.

直接/一覧の切り替え

スペースキーやXFERキーを決められた回数だけ押すまでは直接表示で選択し,その後は間接表示に変わる方法です.続いて回数を指定します.

初期値ではこの方法が設定されています.

入力位置

タイプした文字をどこに表示して変換するかを決定するのが「文字入力位置」の指定です.

画面上のカーソル位置で直接かな漢字変換を行う方法を「直接入力」,一度ガイドライン上で読みがなのタイプと漢字への変換を行った後,リターンキーを押して画面上のカーソル位置に文字を移動する方法を「間接入力」と呼びます.

直接入力,間接入力の切り替えは,「5.入力形式」を選択し,「3.直/間切替」を選択します.この項目にカーソルを重ね, リターンキーを押すとモードが切り替わります.

日本語入力機能を使うために

MS-DOSの日本語処理の変換方法には,AI逐次変換のほかにAI連文節変換,逐次変換,連文節変換が用意されています.

MS-DOSの初期設定では, AI逐次変換が選択されていますが,この設定を変更すれば他の変換方法を利用することもできます.

いずれの変換方法を利用する場合でも,日本語入力機能を使うためには,変換用のファイルがシステムに組み込まれている(MS-DOSのシステム構築ファイル"CONFIG.SYS"の中に設定されている)必要があります.TYPEコマンドによって,システムディスク上のCONFIG.SYSファイルの内容を画面に表示して,ファイル中に次の記述が含まれていることを確認してください.

Image: 画面イメージ

日本語処理に連文節変換を利用したい場合は,次のようにして設定を変更してください.

1. システムディスクのシステム構築ファイル"CONFIG.SYS"中の"DEVICE=NECAIK2.DRV"の行を,次のように変更する.

DEVICE=NECAIK2.DRV /T /R B:NECAI.SYS

/T: AIかな漢字変換を使用しないことを指定します.
/R:連文節変換を指定します.省略時は逐次変換を指定したことになります.

2. 変更を加えたシステムディスクで,MS-DOSを再起動する.

以上の操作で,連文節変換による日本語入力機能を利用できるようになります.

なお,ワープロなどのアプリケーションソフトウェアによっては,独自の日本語入力機能を利用する場合があります.それらを利用する場合には,それぞれのアプリケーションソフトウェアのマニュアルを参照してください.


出典:NEC MS-DOS 3.3C ユーザーズガイド、日本電気株式会社、1990年発行


inserted by FC2 system